コンサルタントの年収は高い?種類別や外資系、BIG4の年収も紹介!

「コンサルタントの年収はどのくらい?」

「コンサルタントの給料はなぜ高いの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • コンサルタントの年収事情
  • 【種類別】コンサルタントの平均年収レンジ
  • 【外資系】【BIG4】のコンサルタントの年収
  • コンサルタントが年収を上げるためのポイント

の順番に解説していきます。

コンサルタントの年収事情

まずはコンサルタントの年収事情について見ていきましょう。

コンサルタントの平均年収

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、コンサルタントを含む専門サービス業の平均年収は、約626万円です。

また、国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」によれば一般給与所得者の平均年収は、458万円でした。

コンサルタントの平均年収は、平均より168万円ほど上回っており、高い水準といえるでしょう。

コンサルタントの年収が高い理由

コンサルタントの平均年収は、一般給与所得者の年収値よりも高水準です。

「なぜコンサルタントは給料が良いの?」と疑問に思っている人も多いでしょう。

コンサルタントは、クライアントへ知識やスキルを提供して報酬を得るというビジネスモデルであるが故に、かかるコストは人件費がほとんどとなっています。

有形商材を扱う業種などと比べて利益率が高くなるため、社員へ還元する給料も大きく設定できるのです。

また、コンサルタントは、クライアントのリソースにおけるケイパビリティでは解決が困難な課題に取り組みます。

高度な専門知識やスキルを用いて難易度の高い課題の解決に導くため、激務になるケースも少なくありませんが、その分報酬も高く設定されています。

女性コンサルタントの平均年収レンジは?

昨今、コンサルティング業界もワークスタイルバランスを意識した働き方に変化し、それに伴って女性で活躍している人も増えています。

女性コンサルタントの平均年収レンジは、勤務形態などによって、ばらつきはありますが、約500〜1,300万円と言われています。

また、コンサルティング業界では、給与に対して成果主義を取っている企業が多く、男女問わず高年収を目指すことが可能です。

コンサルタントは、20代で年収1,000万円も夢じゃない?

コンサルタントは、他の業界と比較しても年収が高い傾向があります。

そのため20代で、年収1,000万円を目指すことも可能といえるでしょう。

コンサルタントの初任給と全体の平均値の比較は以下の通りです。

大学院修士課程修了大学卒
コンサルタントの初任給27万5,500円25万7,200円
平均初任給23万8,900円21万200円

コンサルタントの初任給は、平均初任給よりも高くなっており、昇給制度も成果主義を採用している会社が多いため、20代のうちから高収入を狙える業種といえます。

【種類別】コンサルタントの平均年収レンジ

コンサルタントの年収は、専門分野によっても差があります。

本章では、以下の【種類別】コンサルタントの平均年収レンジを紹介します。

  • 戦略コンサルタント
  • 営業・マーケコンサルタント
  • 業務コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • 人事コンサルタント
  • 財務コンサルタント

所属している分野の平均年収レンジと、自分の年収額を照らし合わせてみましょう。

戦略コンサルタント

戦略コンサルタントは、さまざまな企業の経営層に対して、経営・事業戦略の立案・サポートを行い、課題解決を目指します。

戦略コンサルタントの平均年収レンジは、500~2,000万円です。

外資系やグローバル展開の大手コンサルティングファームが多く、コンサルティング業界内でも高水準です。

営業・マーケコンサルタント

営業・マーケコンサルタントは、クライアント企業の営業・マーケティング分野における戦略立案や改革を行う職種です。

営業・マーケコンサルタントの平均年収レンジは500~1,000万円で、業界内では比較的年収が低めの傾向がありますが、普遍的な知識やスキルが付きやすいメリットがあります。

業務コンサルタント

業務コンサルタントは、さまざまな業界のクライアント企業における業務プロセス・フローの改革・改善を行います。

業務コンサルタントの平均年収レンジは、500〜1,500万円です。

リーダー・マネージャークラスの場合は年収2,000万円を超えるケースもあります。

ITコンサルタント

ITやシステム導入によってクライアント企業の経営や業務課題を解決するのがITコンサルタントです。

平均年収レンジは500〜1,300万円です。

企業のDX推進によりITコンサルタントの需要は高まっており、今後さらに年収レンジが高くなる可能性もあります。

人事コンサルタント

人事コンサルタントは、クライアント企業の人事制度や採用の領域に特化してコンサルティングを行う職種です。

業務内容は人事評価や給与制度、組織改革、キャリアアップ支援や教育制度の強化など多岐に渡ります。

人事コンサルタントの平均年収レンジは、500~1,200万円です。

財務コンサルタント

財務コンサルタントは、クライアント企業の財務・会計分野における戦略立案や改善サポートをコンサルティングする職種です。

資金調達やM&A、事業再生などに関するアドバイスやフォローを行います。

財務コンサルタントの平均年収レンジは、550~1,200万円です。

【外資系】コンサルタントの年収は高い?

外資系コンサルティングファームの年収は、日系コンサルティングファームよりも年収が高い傾向があります。

所属するコンサルティングファームやプロジェクトにもよりますが、平均年収レンジは500〜1,300万円と高水準です。

外資系のコンサルタントの多くは世界中に拠点を置き、グローバルに事業を展開しています。

プロジェクトによっては海外拠点のメンバーと連携を取ることもあるでしょう。

そのため、外資系コンサルティングファームで活躍するには、ビジネスレベルの語学力も必要です。

外資系コンサルティングファームはほとんどが成果主義であり、企業の業績や個人の成績で年収が大きく変動します。

【BIG4】のコンサルタントの平均年収

コンサルティング業界におけるBIG4とは、世界4大会計事務所における以下のコンサルティングファームを指します。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

英ロンドンに本社を置くErnst & Young(アーンスト アンド ヤング)のコンサルティング会社です。

金融・医療・社会インフラなど幅広い業界の戦略立案やM&Aなどをワンストップで支援しています。

平均年収は、950万円ほどと言われています。

デロイト トーマツ コンサルティング

米ニューヨークの会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループのコンサルティングファームです。

BIG4の中でも最大規模の外資系コンサルティングファームですが、社内での人材育成に注力するなど比較的日系コンサルティングファームの色が強い傾向があります。

平均年収は、930万円ほどと言われています。

KPMGコンサルティング

蘭アムステルダムに本拠点のある会計事務所KPMGのメンバー企業です。

BIG4の中で最も規模が小さく、少数精鋭でベンチャー色が強いのが特徴です。

平均年収は、880万円ほどと言われています。

PwCコンサルティング

ロンドンに本拠地のある監査法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)のコンサルティング会社です。

M&A・事業再生を専門とするディールズ部門と戦略立案からサポートを行うコンサルティング部門に分かれています。

平均年収は、870万円ほどと言われています。

BIG4の平均年収は、いずれも900万円ほどで、業界内でも高い水準です。

コンサルタントが年収を上げるためのポイント

「コンサルタントとして高年収を狙いたい」「年収アップを狙うにはどうすればいい?」と考えている人も多いかもしれません。

本章では、コンサルタントが年収を上げるためのポイントを紹介します。

自身の知識やスキルを磨き、得意な領域を作り上げる

コンサルタントとしての得意分野・領域を広げることで、年収アップにつながるでしょう。

クライアント企業が抱える課題は、ITや営業、マーケティング、財務など多岐にわたります。

コンサルタントはこれらの課題解決のために、あらゆる戦略やノウハウをクライアント企業に提案する職種です。

限られた予算の中でクライアントに高い価値を提供するには、自分の知識やスキルのレベルを高めておく必要があります。

アサインされたプロジェクトで成果を上げ続けることが、高年収への近道といえるでしょう。

期待値以上のバリューを出して昇進を目指す

クライアントや上司に期待されている以上の価値提供を目指すことで、高年収を狙えるはずです。

コンサルタントは基本的に成果主義であり、プロジェクトの成果に応じて年収が決まります。

高い結果を出せば、インセンティブによる上乗せも期待できるでしょう。

また、成果を出し続けることでリーダーやマネージャーへの昇進が叶い、年収アップにつながるはずです。

案件マッチングサービスに相談する

コンサルタントが高年収を目指すなら、自分の経験やスキルに合った案件マッチングサービスを活用するのがおすすめです。

コンサルタント向けのマッチングサービスを利用すれば、豊富な求人から効率的に高単価な案件を探すことができます。

サービスによって扱っている案件の分野・強みが異なるため、自分に合うものを選びましょう。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

まとめ

コンサルタントの年収は一般給与所得者と比べて高水準です。

コンサルタントの業務は人件費以外のコストがほとんどかからず利益率を高くできるため、社員へ還元される報酬が高い傾向にあります。

また、コンサルタントの業務を遂行するには高度な専門知識やスキルが必要であることから、報酬も高く設定されています。

コンサルタントとして高年収を目指すなら、知識やスキル向上や高いバリューの提供、案件マッチングサービスの利用がおすすめです。

MICHINORI」は企業とフリーランスコンサルタントをつなぐマッチングサービスです。

コンサルタントとして豊富な実績のあるメンバーから、フリーランスコンサルタントの年収アップにつながるサポートを受けられます。

無料で会員登録が可能なので、高年収のフリーランスコンサルタントを目指すならぜひ「MICHINORI」を利用してください。

関連記事

コンサルのアベイラブルとは?その期間の給料や過ごし方を紹介

関連記事

コンサルBIG4とは?それぞれの年収や特徴、入社難易度を解説

関連記事

コンサル転職で後悔する理由は?中途入社は辛いのかも解説