コンサルタントが半年や1年で辞めたいと思う理由とその対策とは?

「コンサルタントを辞めたら、どのようなキャリアプランが考えられる?」

「コンサルタントが転職する際のポイントはあるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • コンサルタントを辞めたいと思う理由とその対策
  • おすすめのキャリアプラン
  • 転職する際に、重要なポイント

の順番に解説していきます。

現役コンサルタントで、辞めたいと感じている人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルタントは、半年や1年で辞める人が多い?

コンサルティング業界では、入社半年や1年など比較的短期間で仕事を辞め、転職する人が少なくありません。

コンサルタントとして働くメリットは数多く、経営視点を身につけられることや高収入であることなどが挙げられます。

その反面、コンサルタントの仕事では求められる成果が大きかったり、勤務時間が長くなる場合があったりと、働く上で負担を感じやすい仕事でもあります。

そのため、コンサルタントを半年や1年などの短期間で辞める人も一定数いるのです。

実際に辞めたいと感じる理由については、人によってさまざまです。

本記事では、コンサルタントを辞めたいと感じる具体的な理由や、辞めたいと感じたときの対策について紹介していきます。

コンサルタントを辞めたいと思う理由とその対策

実際、コンサルタントの仕事をしていてどういった状況・タイミングで辞めたいと感じるのかを具体的に紹介します。

また、コンサルタントを辞めたいと思った際の対策についても解説していくため、現在辞めたいと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

【コンサルタントを辞めたいと思う理由】
  • 長時間労働が必要
  • 成果を出せない
  • 強いストレスを感じる
  • やりたい領域の仕事が少ない
  • 周囲との実力差を感じる

長時間労働が必要

コンサルタントは、他の仕事と比べて残業時間が長くなり、長時間労働となる傾向がある職業です。

コンサルタントはクライアントがあってこその仕事であるため、打ち合わせなどでは相手の希望時間に合わせて実施する場合が多くあります。

そのため、自分の用事や都合で時間をコントロールすることが難しい場合が多くあります。

企業の経営課題を解決するという仕事内容自体がハードかつ複雑であり、長時間労働が求められるため、プライベートの時間をゆっくり取れていないという人は少なくないでしょう。

対策

長時間労働は、業務効率化や転職などで改善する可能性があります。

自身の業務効率を見直したり、一度上司に相談したりするのも良いでしょう。

比較的残業が少ないコンサルティングファームへの転職や、自由に働けるフリーランスという働き方も、長時間労働を改善させる一つの手段です。

成果を出せない

企業の課題を解決に導くコンサルタントは、仕事での成果を強く求められる職業です。

思うように成果が出せないために思い悩み、コンサルタントを辞めたいと感じる人は少なくありません。

案件において、ある程度の責任があったり、成果を出すことを強く求められる環境だったりすると、なおさら成果を出せない自分に焦りを感じてしまいます。

対策

自身のコンサルタントとしての技量について、上司や頼れる同僚にフィードバックをもらう機会を設けることで、なぜ成果を出せないのかを客観的に振り返ることができます。

ただし、コンサルタントは向き不向きが分かれる仕事でもあるため、どうしても自分に合わなそうであれば、異業種への転職なども視野に入れてみましょう。

強いストレスを感じる

成果を出さなければいけない業務や日々の長時間労働、クライアントとの打ち合わせにおける責任などから、強いストレスを感じているコンサルタントもいます。

コンサルタントの仕事内容や働き方、職場環境は、人によっては強いストレスを感じることでしょう。

さらに、仕事でうまくいかないことが続いたり、クライアントからのクレームがあったりなど、日々のストレスの積み重ねによって、コンサルタントを辞めたいと感じる場面もあります。

対策

仕事で強いストレスを感じ続けている場合、精神疾患等の症状が出る可能性が高まってしまいます。

うつ病や精神障害などに関連した症状が見られる場合は、転職だけでなく休職なども視野に入れてみましょう。

強いストレスを感じる仕事を続けながら転職活動を並行して行うことは、精神的にも大きな負担になります。

一度休むということを選択肢に入れてみてください。

やりたい領域の仕事が少ない

一度コンサルティング業界に入ったものの、自分がやりたかった領域の仕事が少ないことから転職を考える人は多くいます。

例えば、「新しいサービスを生み出す」といった系統の仕事は、コンサルタントの仕事では携われない分野です。

コンサルタントとしてさまざまな業種のクライアントに関わる機会はありますが、コンサルタントはあくまで経営課題を解決する伴走者として携わります。

異なる分野や新しい方向性の仕事に携わりたいと感じ、起業したり、コンサルタント以外の道を選んだりする人は多くいます。

対策

今の職場で自分がやりたい領域がある場合には、異動などを相談してみると、やりたい仕事に携われる可能性があります。

コンサルタントのような伴走者ではなく、新しいものを生み出すクリエイティブな仕事などに興味がある際には、転職や起業によってやりたい仕事に携われるようになるでしょう。

周囲との実力差を感じる

コンサルタントはそもそも高いスキルが求められる職業で、社内には優秀な人材が多く集められます。

優秀な後輩ややり手の先輩などと自分の力量を比べてしまい、成果を出せないことに劣等感を感じ、辞めたいと思う人は少なくありません。

対策

どうしても人と比べてしまうものですが、なるべく人と比べるような思考をやめたり、自分だけの得意分野や役割を見つけてみたりすると良いでしょう。

周囲との実力差を感じてあまりにも仕事にストレスを感じている場合には、一度心身ともに休むという選択も非常に重要です。

おすすめのキャリアプラン

コンサルタントは高いスキルが求められる仕事であるため、コンサルタントの経験や身につけた能力を他の仕事に活かすことができます。

ここでは、コンサルタントにおすすめのキャリアプランを紹介していきます。

どんな人に向いているかもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

関連企業への転職

ひとえにコンサルタントといっても、その種類はさまざまです。

企業の経営を専門とする経営コンサルタントや、ITなどシステムを専門とするITコンサルタントなど、その種類は多岐に渡ります。

自分が行っていたコンサルティングの種類に関連する企業に転職することは、よくあるキャリアプランです。

経営領域、金融領域に携わっていたのであれば投資銀行、IT系に携わっていたらIT系企業などを転職先にすることはおすすめのキャリアプランの一つです。

フリーランス

近年、自由な働き方が注目を浴びている中、フリーランスのコンサルタントとして活躍する人は増えてきています。

コンサルタントは専門的な知識がないと難しい仕事ですが、コンサルティングファームなどを経験していれば、人脈やスキルを活かしてフリーランスとして独立しやすい仕事でもあります。

また、コンサルタントは場所や時間を選ばずに進めやすい仕事でもあるため、ある程度の経験がある人はフリーランスの働き方がマッチするでしょう。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

起業

コンサルタントの起業は、初期費用が少なく、特別な資格も必要ないため、資金的なハードルが低いと言われています。

また、副業から始められることも大きなメリットであり、自分で事業を立ち上げたいと検討している人にはおすすめのキャリアプランです。

特に、経営面のコンサルティング業務に携わった経験がある人は、その経験を最大限に生かすことができるでしょう。

よくある質問3選

コンサルタントの仕事は大変なものであり、挫折を感じて転職を考える人は少なくありません。

ここからは、実際に転職しようとした際によくある質問を3つ紹介していきます。

コンサルタントから転職したら、収入は下がる?

コンサルタントは高収入なことが多い職業なので、別職種へ転職したら収入が下がるケースがほとんどです。

仕事において収入が大切なのか、それともやりたい仕事を優先したいのか、プライベートの時間を確保したいのか、など仕事に対する優先順位を決めておくことがおすすめです。

転職を決める前に、具体的にどんな働き方をしたいのかを決めておくことで、後悔なく転職を進めることができるでしょう。

コンサルタントの市場価値は高い?

コンサルタントは、基本的に市場価値が高いと評価されています。

その理由は、経営面での経験があること、担当業界に転職すればコンサルタント時代のスキルやノウハウを活かせるからです。

転職する際に、重要なポイントは?

コンサルタントの仕事は大変だからという理由で転職する人は少なくないですが、転職時の履歴書や面接では、ポジティブな転職理由を伝えられるようにしましょう。

ネガティブな転職理由は、基本的に不採用になる可能性を高めてしまいます。

コンサルタントとして経験したことを今後どう活かせるか、転職してどうなりたいかなど未来のことを具体的に整理して、伝えられると良いでしょう。

まとめ

新卒の際に苦労してコンサルティングファームに入社しても、1年足らずで仕事について行けずに辞めてしまう例はしばしばあります。

しかし、転職することは決して悪いことではなく、希望のキャリアに向かうためにも大事なアクションとなるものです。

この記事で紹介したおすすめのキャリアプランや転職のポイントを押さえて、コンサルタントからの転職を考えてみてください。

フリーランスコンサルタント専門のサービスを展開する「MICHINORI」では、フリーランスコンサルタントへの豊富な案件紹介や継続的な案件獲得のサポートを行っています。

運営メンバーには現役コンサルタントが在籍しており、現職の業務を辞めるか悩んでいるなど、コンサルタントならではの悩みに対してもクリティカルなアドバイスが可能です。

コンサルティングファームから独立・フリーランスへの転身を考えている人は、無料会員登録であなたに最適な案件を見つけてみてください。

関連記事

コンサルタントはなぜ人気が高いのか?人気の理由とキャリアパスを解説

関連記事

ビジネスコンサルタントとは?その種類や仕事内容、年収などを紹介

関連記事

PMOコンサルタントはつまらない?やりたくない?向いている人とは