フリーコンサルタントの単価を業務別に紹介!単価を上げるコツも解説

「フリーランスコンサルタントとして働く人の単価はどのくらい?」

「フリーランスコンサルタントは、どうやって収入を上げていくの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • フリーランスコンサルタントの単価相場
  • 業務別のフリーランスコンサルタントの単価相場
  • フリーランスコンサルタントが単価を上げる方法

の順番に解説していきます。

フリーランスコンサルタントの単価について、詳しく知りたい人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

フリーランスコンサルタントの単価相場

フリーランスコンサルタントの一般的な単価相場は、月額換算で100〜150万円ほど、年間で見ると1,200〜1,800万円ほどです。

家庭の事情やプライベートの時間を取るために稼働を減らしているケースであれば、上記の金額よりやや下がり、年間およそ1,000万円前後の報酬となるでしょう。

フリーランスとして働く場合、コンサルティングファームの中抜きなどがないため、コンサルティングファームに勤務するよりも高い収入を得られる傾向にあります。

また、クライアント側もフリーランスコンサルタントへ発注する方が安く発注できる場合が多いというメリットもあります。

【業務別】フリーランスコンサルタントの単価相場

企業内の組織は戦略や営業、財務など、さまざまな専門領域に分かれており、それに伴いコンサルタントは基本的にある特定の領域に特化していることが一般的です。

そして、どのような領域に対するコンサルティングを行うかによって、単価が変わることがほとんどです。

ここからは、業務別のフリーランスコンサルタントの単価相場を紹介します。

業種ごとの業務内容もあわせて紹介するので、チェックしてみてください。

【業務別】フリーランスコンサルタント
  • 戦略コンサルタント
  • 営業・マーケコンサルタント
  • 業務コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • 人事コンサルタント
  • 財務コンサルタント

戦略コンサルタント

戦略コンサルタントは、主に企業の経営・戦略領域についてのコンサルティングを専門とするコンサルタントです。

具体的には、事業戦略立案や中期経営計画策定、新規事業立案などの戦略策定や、場合によっては戦略実行のサポートを行います。

戦略コンサルタントの単価相場は120〜300万円程度です。

経営にクリティカルに影響する分野であるため、全体的な報酬は高めである傾向にあります。

営業・マーケコンサルタント

営業・マーケコンサルタントは、営業活動における伸び悩みや販売戦略の課題などにアプローチするコンサルタントです。

主に、営業改革やEC改善などのWebマーケティングを行います。

営業・マーケコンサルタントの単価相場は30~100万円程度ですが、契約方法やサポート内容によって単価は大きく変動する可能性があります。

業務コンサルタント

業務コンサルタントは、企業の業務フロー見直しや改善などを主に行うコンサルタントです。

具体的には、業務改革や業務改善などを行い、企業の課題を解決に導きます。

業務コンサルタントの単価相場は、100〜200万円です。

ほとんどの場合、120万円を超すような高額な相場になることが多く、年収も案件を重ねることで2,500万円以上を目指すことができます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、ITシステムの導入や活用を行うことで企業の課題解決を実現するコンサルタントです。

IT領域を専門とし、システム導入やDX、AIなどのITを駆使したコンサルティングを行います。

ITコンサルタントの単価相場は、100〜200万円程度です。

フリーランスのコンサルタントの場合、時間は場所に囚われないことが多く、中でもITコンサルタントはリモートで対応できる案件が増えてきています。

人事コンサルタント

人事コンサルタントは、人事領域の面から企業の課題を解決するコンサルタントで、主に評価・報酬などの人事制度や採用、人材育成などの改善や提案を行います。

人事コンサルタントの単価相場は、100〜150万円程度です。

人材に関わる重要な領域であり、場合によっては180万円近くの単価となることもあります。

財務コンサルタント

財務コンサルタントは、FAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)領域を担うコンサルタントです。

主に、M&Aや事業再生、財務分析や資金調達戦略など、財務に関するコンサルティングを行います。

財務コンサルタントの単価相場は、90〜150万円程度です。

相場の幅が広く、100万円を切る案件から150万円以上の案件などさまざまです。

フリーランスコンサルタントが単価を上げる方法

よくサラリーマンの給与には限界があると言われることがありますが、フリーランスであれば自分の努力によって単価や収入を上げやすいことが特徴です。

最後に、フリーランスコンサルタントが単価を上げる方法を5つ紹介します。

【フリーランスコンサルタントが単価を上げる方法】
  • 知識やスキルの向上
  • 専門領域に特化する
  • 営業活動を行う
  • クライアントから信頼を獲得する
  • 案件マッチングサービスに登録する

知識やスキルの向上

コンサルタントは、幅広い知識や高いスキルが求められる仕事であり、フリーランスであればなおさら確固たる知識やスキルが必要です。

また、ビジネスの常識やシステムの技術は日々変化するものであるため、常に新しい知識を吸収し続けることが欠かせません。

スキルが向上すれば、より専門的で高単価な案件に挑戦できたり、新たな領域の仕事を獲得できたりと、仕事の幅が広がるでしょう。

専門領域に特化する

専門性を高め、高水準のサービスを提供できるようになれば、自ずと単価を上げられるようになる可能性が高まります。

自分の得意分野を見つけて専門領域に特化することで、セルフブランディングもしやすくなります。

そうすれば、営業活動やクライアントからの信頼にもつながるため、専門性を高めることは単価アップにも直結するでしょう。

営業活動を行う

フリーランスとして活動するのであれば、自分で営業活動をして案件を獲得するスキルが求められます。

営業活動を積極的に行うことで、案件の母数を増やせたり、高単価の案件を受注するきっかけになったりします。

コンサルティング業務のスキルだけでなく、営業のスキルやノウハウも身に付けてみると良いでしょう。

クライアントから信頼を獲得する

フリーランスは、クライアントからの信頼が得られなければ仕事の獲得や継続案件受注が難しくなってしまいます。

信頼を獲得するためには、きちんと実績を出したり、こまめな連絡を心がけたりするようにしましょう。

また、体調を崩すことが多く仕事が滞りやすくなってしまうと、信頼をなくし、継続的な案件を獲得しづらくなってしまいます。

特にフリーランスは不規則な勤務時間となることも多くあるため、基本的な体調管理を心がけましょう。

案件マッチングサービスに登録する

案件を獲得するためには、案件マッチングサービスの利用がおすすめです。

特に、高単価案件を取り揃えているマッチングサービスを利用すれば、今受注している案件よりも高単価な案件が見つかるかもしれません。

自分で営業する労力や時間も削減できるため、案件マッチングサービスを効率よく活用してみましょう。

まとめ

フリーランスのコンサルタントとして活躍できれば、コンサルティングファームに勤めるよりも高い収入を得られる可能性があります。

単価を上げる努力を続ければ、収入面でもスキル面でも、更なる向上を目指せるでしょう。

この記事で紹介した単価相場や単価を上げる方法を参考にして、フリーランスで活躍するコンサルタントを目指してみてください。

フリーランスコンサルタントに特化したサービスを提供する「MICHINORI」では、ミスマッチのない案件紹介と、長く活躍するための継続サポートを行っています。

運営メンバーにはフリーランス経験があるメンバーも在籍し、安心して継続的な活躍サポートを受けられます。

「MICHINORI」では、案件獲得のサポートはもちろん、単価交渉や長期的に単価をあげていくためのサポートも行っています。

フリーランスコンサルタントで新たな仕事を獲得したい人や、高単価案件にチャレンジしたい人は、ぜひ「MICHINORI」で豊富な案件をチェックしてみてください。

関連記事

職業別フリーランスの年収相場は?年収を上げるコツも紹介

関連記事

フリーランスが求人サイトを利用するポイントは?案件探しのコツも紹介

関連記事

フリーランスの案件(仕事)の探し方とは?初心者向けにコツを紹介