フリーランスが求人サイトを利用するポイントは?案件探しのコツも紹介

「フリーランスってどうやって案件を探せば良いの?」

「フリーランスが求人サイトを利用するポイントって?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • サイトの種類の紹介
  • 案件探しのコツ
  • 利用するポイント

の順番に解説していきます。

フリーランスで案件を探すためにサイトを活用したい人には役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

フリーランス向け求人・案件募集サイトの種類

案件マッチングサイト

案件マッチングサイトは、案件を受注したいフリーランスと、案件に合うフリーランスを探しているクライアントとをマッチングさせるサービスのことです。

ただ単に仕事の受注と依頼であれば、クラウドソーシングと変わりませんが、案件マッチングサイトの特徴は、仲介に専門のエージェントが入ることです。

個人が案件マッチングサイトを利用する場合、エージェントがフリーランス一人ひとりの経歴や強みなどを把握した上で、要望に合った案件を紹介してくれたり、各エージェントが得意とする業界に関するアドバイスやサポートも受けられたりします。

コンサルティングや金融など、専門の領域で案件を受注したいと考えている人は、ぜひ検討してみてください。

転職エージェント

フリーランスが転職エージェントを利用する際のメリットには、エージェントからの専門的なサポートと、フリーランスのスキルや経験に適した職種や案件とのマッチングが挙げられます。

エージェントからのアドバイスを受けることで、自己成長や自己アピールの向上に繋がり、自分だけでは見つけづらい優れた仕事の機会を手に入れることができるでしょう。  

一方で、デメリットとしては仲介手数料がかかる点があります。

転職エージェントのサービスを利用する際には、成功報酬として一定の手数料を支払う必要があるため、収入面での考慮が必要です。

総合的に考えると、求人エージェントを利用することでフリーランスのキャリアを成功に導くチャンスが広がりますが、同時に仲介手数料についても慎重に判断する必要があるでしょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングサービスは、在宅希望者や未経験者でも仕事を獲得しやすい手段であり、企業や個人がインターネット上で多くの人に仕事を依頼する形態が採用されています。

専門的な案件から事務系の仕事まで、幅広いジャンルの仕事が扱われています。

オンラインでのコミュニケーションが主体となるため、好きな場所や時間に合わせて働くことができる利点があります。

ただし、オンライン上でやりとりが行われるため、コミュニケーションが難しい場合やトラブルのリスクも考慮する必要があります。

また、一つの案件が終わってから次の案件を見つけて応募する必要があるため、収入の安定性に課題が生じることがあります。

クラウドソーシングは、自由な時間を利用して稼ぎたい人や未経験者、在宅で働きたい人に適しているサービスと言えるでしょう。

フリーランス向け案件探しのコツ

自分のスキル・経験に合うか

フリーランスが案件を探す際には、自分のスキルや経験を考慮することが重要です。

自己分析を通じて、自身の得意な分野や専門知識を把握し、それに基づいてターゲット市場を見つけましょう。

ポートフォリオを丁寧に整備し、過去の成果物やプロジェクトをわかりやすく示すことで信頼性を高めることができます。

自らの強みを活かした案件探しに努めましょう。

案件数・クライアント数は多いか

フリーランス向けの求人・案件募集サイトを選ぶ際は、案件数とクライアント数を重視するべきです。

多くの案件が掲載されているサイトは、仕事の選択肢が豊富で自分に合った案件に出会いやすい利点があります。

また、多くのクライアントが登録しているサイトは、新たなビジネスチャンスが増える可能性が高まります。

サポート体制は充実しているか

フリーランス向けの求人・案件募集サイトを選ぶ際は、サポート体制の充実さを重視するべきです。

適切なサポートがあるサイトは、案件探しやプロジェクト遂行において不安を軽減し、円滑な業務遂行が可能となります。

運営からのサポート、クライアントとの円滑なコミュニケーション支援、契約や支払い手続きの安全性などが重要なポイントです。

信頼性の高いサイトであれば、プロフェッショナルとしての活動を安心して行うことができるでしょう。

フリーランスの求人・案件サイトを利用するポイント

ポートフォリオを作成する

スムーズに案件を獲得するためには、ポートフォリオやスキルシートを用意しましょう。

ポートフォリオやスキルシートは、これまでのプロジェクトの概要や担当した役割、使用した言語やツール、成果物などをまとめた書類です。

フリーランスとして働く際には、履歴書の提出だけでなく、クライアントがポートフォリオやスキルシートをチェックして仕事依頼する場合もあります。

自己PRに役立つツールとして、ポートフォリオやスキルシートを充実させておくことが大切です。

複数のサイトに登録する

複数のサイトに登録することを検討しましょう。

複数のサイトを利用することで、自分にマッチした仕事に出会う可能性が高まり、また1つのサイトで仕事が減っても収入源を確保することができます。

ただし、1つのサイトで実績を作ることで、新しいクライアントの目に止まることがあるので、自分にとってのメインのサイトを決めておくと良いでしょう。

柔軟に活動し、安定した収入と新たな仕事の獲得を両立させるために、複数のサイト活用は有効です。

クライアントの評価を見る

クライアントの評価を重視するのが大切です。

クライアントの評価は過去の取引実績や満足度を示す指標となります。

高い評価を持つクライアントは信頼性が高く、プロジェクトの円滑な進行や報酬の適正支払いが期待できます。

逆に低い評価のクライアントは注意が必要で、トラブルを避けるために慎重に判断しましょう。

評価をチェックすることで、信頼性のあるクライアントとの取引を増やし、安心してフリーランス活動を行うことができます。

適正な価格の案件を探す

マッチングサイトを利用する際は、適正な単価の案件を見つけることが重要です。 

提供されている案件の中には、低い単価のものも多く存在します。 

自分のスキルに見合った適切な時給を計算したり、案件の単価相場を事前に調査したりすることで、適正な単価を理解することが必要です。

こうした対策を講じることで、報酬面でのバランスを保ちながら、適切な案件に参加することができます。

手数料に注意する

いくつかのマッチングサイトには手数料がかかることがありますので、注意が必要です。

特にクラウドソーシングタイプのサイトでは、平均で約10〜20%の手数料が課されることが一般的です。

ただし、手数料を避けたい場合には無料のマッチングサイトもありますので、手数料を支払いたくない人はそちらを検討すると良いでしょう。

まとめ

ここまで、フリーランスが求人・案件サイトを利用する際のポイントを紹介してきました。

なお、「MICHINORI」は、フリーランスのコンサルタント向けに、豊富な案件提供だけでなく、高精度な案件マッチングの実現や案件参画後の継続的なサポートを行っています。

運営メンバーは、現役コンサルタントかつフリーランス経験を持っており、安心してフリーランスのコンサルタントとして活動するためのサポートが充実しているので、ぜひ利用してみてください。

関連記事

労働安全衛生法とは?改正の可能性による個人事業主への影響を簡単に解説

関連記事

ITコンサルタントがフリーランスとして独立する方法は?年収も紹介

関連記事

フリーランスになるには?おすすめのスキルやなり方を解説