フリーランスの案件(仕事)の探し方とは?初心者向けにコツを紹介

自由な働き方を求める人が増える昨今、フリーランスに興味を持つ人は増加しています。

一方で「フリーランスは安定して案件を受注できるのか」と不安を抱える人は少なくありません。

そこで本記事ではフリーランスの案件探しについて、以下の順番で解説します。

  • フリーランスにおすすめの案件(仕事)の探し方9選
  • フリーランスの案件探し前の準備
  • フリーランスが案件を取れない理由
  • フリーランスが継続して案件を受注するコツ

フリーランスの仕事獲得の参考に、ぜひご覧ください。

フリーランスにおすすめの案件(仕事)の探し方9選

ここからはフリーランスの仕事の探し方を、9種類解説します。

さまざまな方法を比較し、取り組みやすいものから実践していきましょう。

案件マッチングサービスを利用

案件マッチングサービスであれば、効率的に仕事探しが可能となります。

案件マッチングサービスとは、仕事を発注したい企業と仕事を受注したい人をマッチングさせてくれる仲介業者です。

自分のスキルや実績などを登録し、担当者と面談を実施した後に、希望に沿ったさまざまな案件を紹介してくれます。

1人では出会えなかった、より希望に沿った仕事が見つかる可能性もあります。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

フリーランスエージェントを利用

フリーランスエージェントなら、案件獲得までの多くを代行してくれます。

そのサポート内容は案件への営業からはじまり、応募書類作成、面接の同行、単価交渉など幅広く行っています。

日々忙しく過ごすフリーランサーに、おすすめのサービスといえるでしょう。

求人サイトを利用

フリーランスの案件は、求人サイトでも募集されています。

求人サイトの種類は、業種ごとに展開されていたり、さまざまな雇用形態の仕事が掲載されていたり、幅広く多数の求人・案件があります。

視野を広げていろいろなサイトから仕事を探してみてください。

クラウドソーシングサイトを利用

幅広くフリーランスが活躍できるのが、クラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトとは、企業とフリーランスをつなぐ仲介役を担っています。

クラウドソーシングサイトを活用するメリットは、報酬の未払いなどのトラブルを防げることです。

またサイトに実績が蓄積されるので、経験値が可視化され次の仕事が獲得しやすい点も魅力です。

友人や知人からの紹介

フリーランスは、友人や知人の紹介で仕事を受注する選択肢もあります。

例え経験が浅くてもあなたの人間性や将来性を買い、クライアントを紹介してくれる可能性があるのです。

信頼する友人の紹介なら、待遇などを事前に確認できるため、後に不当な扱いを受ける確率は低いでしょう。

周りの人にフリーランスをしていることを伝えるだけでも、1つの”種まき”といえます。

ブログやSNSを活用

ブログやSNSから、フリーランスの仕事を獲得できることがあります。

ブログにポートフォリオとして自分の実績を載せれば、スキルがマッチした企業があなたに声を掛けてくれる可能性があります。

また企業のSNSでは、仕事の募集をかけていることもしばしばあります。

募集の投稿に応募することで、直接企業と繋がることができます。

SNSでは日頃から情報収集を行ったり、企業と連絡を取り合う関係にあったりすることが大切です。

クライアントへ直接営業

クライアントである企業へ直接営業をかければ、やる気をアピールすることができます。

直接営業は、例えば企業のHPから問い合わせをしたり、オフラインで訪問したりする選択肢があります。

直接営業は行動するハードルが高くライバルが少ないため、採用や案件獲得につながる可能性も高いといえるでしょう。

コミュニティ・交流会へ参加

仕事獲得の場所を広げるなら、フリーランス専用コミュニティや企業との交流会へ積極的に参加することがおすすめです。

コミュニティに参加すれば同業者と横の繋がりができ、手が足りない時に紹介を受けられるかもしれません。

また企業との交流会では、スキルや経歴、人柄を見て、企業があなたに仕事を依頼してくれる可能性があります。

日頃より企業や同業者と関係を作っておくことで、思いもよらない仕事が舞い込むかもしれません。

前職企業からの紹介

タイミングが合えば、前職企業から紹介を受けられる可能性があります。

企業から見ても、新しいフリーランサーを探すよりも効率的で、採用にはメリットがあります。

フリーランスになったことを前職企業の人を含め、周りの人たちにアピールすることが大切です。

フリーランスの案件探し前の準備

フリーランスになり闇雲に仕事を探すよりも、事前準備しておくことで効率的に仕事を探すことが可能です。

ここからはフリーランスが案件を探す前に、準備すべきことを整理していきましょう。

実績を作る

いきなり独立せずに、まずは案件の経験を積み、実績を作りましょう。

実績がない人に好条件の仕事が決まる可能性は低く、いきなり退職してフリーランスになることはリスクが高いといえます。

退職して独立する前に、まずは副業として案件をこなすこともおすすめです。

副業で実績や報酬を少しでも積み上げておくことで、独立後にも安定して仕事を獲得しやすくなります。

業界や市場の情報収集

案件に応募する前に、業界や市場の情報収集を行いましょう。

「効果的に案件探しをする方法」「自分をどうアピールしていくべきか」など、安定して仕事を得るために備えておくべき情報はたくさんあります。

またフリーランスになった後も常に情報収集を行い、新しい技術導入やスキル習得をすることが重要です。

スキルシートを作る

案件を探し応募する前に「スキルシート」を作成すると良いでしょう。

スキルシートとは自分が持つスキルや資格を可視化することで、PC上に書き出せば自己分析や自己PRのヒントになります。

自分のスキルを改めて把握し、他の人にはない強みを洗い出して企業へアピールしていきましょう。

ポートフォリオを作る

フリーランスの案件に応募する前に、「ポートフォリオ」を準備しておきましょう。

ポートフォリオとは、クリテイティブ関連の職業を例にすると、自身が業務を行ってきた作品集のことを指しています。

自分自身が作った作品を企業担当者が確認し「自社で活躍できるスキルがあるのか」「目に留まる作品なのか」を見極められます。

応募企業が求める人材像に合ったポートフォリオを、複数準備しておくことが大切です。

サイトやSNSを立ち上げる

フリーランスの案件へ応募する前に、WebサイトやSNSを立ち上げておくことをおすすめします。

今まで関わった仕事やオリジナル作品などを掲載しておくことで、企業からのスカウトを期待できます。

ただし過去の案件のURLを掲載する際は、企業への許可が必要になるため注意しましょう。

フリーランスが案件を取れない理由

フリーランスになった後、案件獲得に苦戦している方を見かける機会が少なくありません。

ここでは、なぜフリーランスで案件を取れない人がいるのか、その理由を考えました。

スキル・実績が不足している

スキルや実績が不足していると、好条件の案件が取れない可能性が高いです。

最初は低単価であっても仕事の全体像が掴める案件や、ポートフォリオへの掲載許可が下りる案件で経験を積み、実績を作ることが大切です。

またその業界での実務経験がある、ポートフォリオを作った経験があるなどの得意分野に応募することで、採用されやすくなります。

単発案件ばかり取り組んでいる

フリーランスで単発案件ばかり取り組んでいる人は、後に手が空いてしまう可能性が高くなります。

1回しか仕事を振ってもらえない企業と契約した場合、またすぐに他の仕事を探さなければなりません。

自分の都合に合うタイミングで企業との出会いがあるとは限らず、安定して仕事を受注できなくなってしまいます。

効率よく営業できていない

営業活動が非効率だと、案件がない期間ができ、手持ち無沙汰になってしまいます。

営業するタイミングや頻度は重要で、1つの案件が終わった後に新しい仕事を探しているようでは遅いです。

魅力的な案件募集がないか、常にアンテナを張っておく必要があります。

他にも自分が持つスキルや実績を上手くアピールできないと、案件獲得にはつながりにくいです。

「企業が求める人材と自分が持つスキルに共通点があるのか」「今流行りの分野で自分のスキルが活かせないか」などをしっかり分析する必要があります。

案件の獲得導線が不足している

案件の導線が不足していることも、案件が決まらない1つの理由です。

本記事で紹介した「案件の探し方9選」を参考に、複数の手法を試し自分に合ったやり方を見極めることが大切です。

例えば複数のクラウドソーシングサイトを併用したり、知人に声を掛けながらSNSでアピールしたりして、同時進行すると良いでしょう。

フリーランスが継続して案件を受注するコツ

ここからは、フリーランスが継続して案件を受注するコツを解説します。

ぜひ営業活動に活かしていってください。

1つのクライアントに依存しない

フリーランスは、1つのクライアントに依存し過ぎないことをおすすめします。

企業が業務縮小などを行い契約を切られるケースがあり、突然仕事がなくなってしまう恐れがあるのです。

なるべく複数のクライアントと契約しておくことで、突然収入がなくなるリスクを減らすことができます。

営業活動を継続する

仕事のスケジュールが埋まっていても、営業活動を継続しましょう。

より単価が高く挑戦したい魅力的な仕事を探し、キャリアアップを意識することが大切です。

フリーランスは指導してくれる先輩や上司がいないため、市場価値を高めるならスキルアップやキャリアアップを常に意識することが重要です。

将来につながる案件を行う

フリーランスを継続するためには、将来につながる案件へ応募することが大切です。

目の前で得られる報酬の高さも重視したい所ですが、これから伸びる業界や安定して仕事が得られる業界に挑戦することも重要です。

単価を意識した仕事と、将来に投資した仕事にバランスよく取り組むことをおすすめします。

案件マッチングサービスに相談する

フリーランスとして安定して仕事を得たい場合、案件マッチングサービスに相談してみてはいかがでしょうか。

登録すれば案件紹介を受けられたりキャリア相談に乗ってくれたりするので、仕事獲得に関して1人で悩んでいる方はぜひ利用を検討しましょう。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

まとめ

フリーランスの案件探しは複数のプラットフォームを活用することや、キャリアアップを意識して取り組むことが大切です。

どんな時も”先回り”して行動することによって、市場価値の高い人材となれるでしょう。

もしコンサルタントの案件を探している場合「MICHINORI」という案件マッチングサービスの利用がおすすめです。

現役コンサルタントから丁寧な支援や、継続的なサポートを受けられます。

案件へのミスマッチ防止や案件参画後のサポートも手厚いので、ぜひ一度プロに頼ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

フリーランスは増えすぎ?その背景や働くメリットを紹介

関連記事

女性フリーランスは増えている?人気の理由や仕事の始め方について

関連記事

職業別フリーランスの年収相場は?年収を上げるコツも紹介