経営コンサルタントとは?仕事内容や年収、おすすめの資格を紹介

「経営コンサルタントに向いているのはどんな人?」

「経営コンサルタントにおすすめの資格はある?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • 営コンサルタントについて
  • 経営コンサルタントになるには
  • 経営コンサルタントにおすすめの資格
  • 経営コンサルタントの年収
  • 経営コンサルタントのキャリアパス

の順番に解説していきます。

経営コンサルタントへの転職を検討している人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

経営コンサルタントについて

まずは経営コンサルタントの概要について紹介します。

経営コンサルタントとは?

経営コンサルタントは、企業が抱える課題の解決に向けて、今後の経営や戦略についてコンサルティングを行う仕事です。

クライアントの現状の経営について診断し、仮説検証を行って最適な解決策を提示します。

クライアントが抱える経営課題は、営業や生産、財務、人事など幅広い分野にわたります。

そのため経営コンサルタントには、業界ごとの専門知識やマーケットの動向について情報収集を行うスキルが求められるでしょう。

所属するコンサルティングファームによっては、医療や士業など特定の分野に特化したコンサルティングを行う場合もあります。

経営コンサルタントの主な仕事内容

経営コンサルタントの主な仕事内容は、クライアントが抱える経営課題について、幅広い知識やノウハウを活かして解決を目指すことです。

具体的には以下のような業務を行います。

  • 中長期経営計画立案
  • 事業戦略立案
  • マーケティング戦略立案
  • DX・IT導入、戦略立案
  • コスト削減計画の作成
  • 人事・賃金等の見直し

経営コンサルタントは、一般的にコンサルティングファームに所属してクライアントの支援を行います。

クライアントの課題を解決するために最適な解決策を立案することがメインの業務であり、コンサルティングにおける中核としての役割があります。

経営コンサルタントになるには

経営コンサルタントになるために必要なスキルについて、気になる人も多いでしょう。

ここからは、経営コンサルタントに必要な知識・能力や向いている人の特徴を紹介します。

経営コンサルタントに必要な知識・能力

経営コンサルタントに必要な知識・能力は以下の通りです。

  • 専門とする業界・領域に関する知識や経験
  • コミュニケーションスキル
  • 論理的思考と洞察力
  • 問題解決力

これらの知識・能力について1つずつ紹介します。

専門とする業界・領域に関する知識や経験

経営コンサルタントには、専門としている業界・領域についての知識や経験が求められます。

担当するクライアントの業界・領域に関する専門知識が深いほど、高度かつ効果的なコンサルティングを行うことができるでしょう。

クライアントが抱える経営課題はITや人事、マーケティングなど多岐の領域にわたります。

経営コンサルタントはクライアントの経営全般に関する問題解決を行うため、幅広い領域の知識が必要です。

コミュニケーションスキル

経営コンサルタントには、高いコミュニケーションスキルも必要です。

経営コンサルタントは、クライアントの課題や意見を網羅的にヒアリングする力が求められます。

また、コンサルティングを行う上で自分の意見をクライアントにわかりやすく伝えるプレゼンテーション能力も必要です。

クライアント自身も気付いていない潜在的な問題や要望を引き出し、クライアントの立場で物事を考える力が重要となるでしょう。

論理的思考力と洞察力

経営コンサルタントには、論理的思考力(ロジカルシンキング)や洞察力も必要不可欠です。

クライアントの経営問題を洗い出し、解決に導くためには論理的に物事を考える必要があります。

事実をもとに仮説を立てた上で、データ収集し分析・検証を行う「仮説思考」や、取り組むべき論点を正しく設定する「論点思考」も大切です。

また、優れた洞察力により、さまざまな視点から問題を観察し、クライアントが抱える課題の本質を見抜くスキルも求められます。

問解解決力

経営コンサルタントに最も必要な能力・知識として、問題解決力が挙げられるでしょう。

経営コンサルタントの役割は、クライアントの抱える経営課題を解決することです。

問題点を正しく把握し、適切な解決策を提示するためには、コンサルタントの問題解決力の高さが重要です。

経営コンサルタントに向いている人の特徴

経営コンサルタントに向いているのは、以下の特徴がある人です。

  • クライアントを尊重して行動を起こせる人
  • 成長意欲が高い人

経営コンサルタントの仕事は、クライアントが抱える経営課題をあらゆる視点から洗い出し、解決に導くことです。

クライアントと同じ目線で物事を考え、満足してもらえるような解決策を提示できる人が経営コンサルタントに向いているといえます。

また、経営コンサルタントには、さまざまな業界・分野の専門知識が必要になる機会が多く訪れます。

そのため、日頃から知識や情報のキャッチアップを積極的に行うことが大切です。

成長意欲の高い人であれば、クライアントにベストを尽くすための努力を惜しまず行動できるでしょう。

経営コンサルタントにおすすめの資格

経営コンサルタントにおすすめの資格は以下の4つです。

  • 中小企業診断士
  • 経営士
  • 税理士
  • 公認会計士

ここからは、経営コンサルタントにおすすめの資格について1つずつ解説します。

資格を取得することで、経営コンサルタントとしての知識やスキルの幅が広がります。

経営コンサルタントを目指す人は、資格取得を検討しましょう。

中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営について分析を行い、課題解決を目的とした提案を行うための国家資格です。

取得することで企業の経営について幅広く診断し、解決策を立案できるスキルを身につけられるでしょう。

経営士

経営士は、経営コンサルタントとしてのプロフェッショナルな知識やスキルを証明するための資格です。

日本で最初に創設された歴史のある経営コンサルタントに関する資格であるため、取得することでクライアントからの信頼を得やすくなるでしょう。

税理士

税理士は、税務分野における専門家としての資格です。

経営コンサルタントは、クライアントの財務・税務分野における経営課題の解決を手がけることもあります。

税理士の資格を保有することで、クライアントの税務面に関する専門的なサポートが可能になるでしょう。

公認会計士

公認会計士は、会計や経理・財務分野のプロであることを証明する資格です。

経営コンサルタントは、クライアントの業績や財務状況のデータから経営課題を洗い出し、解決策を提示する場面が多くあります。

公認会計士の資格を取得することで、クライアントの財務面における高度なコンサルティングを行うことができるでしょう。

経営コンサルタントの平均年収レンジ

経営コンサルタントの平均年収レンジは、役職によって大きく異なります。

役職平均年収レンジ
アナリスト500〜600万円
コンサルタント600〜1,000万円
マネージャー1,000〜1,500万円
シニアマネージャー1,500〜2,000万円
パートナー2,000万円〜

経営コンサルタントの平均年収レンジは、所属するコンサルティングファームによっても変わる可能性があります。

経営コンサルタントのキャリアパス

経営コンサルタントのキャリアパスは、コンサルティングファームに所属している場合とフリーランスとして独立した場合で異なります。

ここからは、経営コンサルタントのキャリアパスについて詳しく紹介します。

コンサルティングファームでの主なキャリアパス

コンサルティングファームに新卒もしくは他業種から中途入社した場合、ほとんどはアナリストやコンサルタントなどのジュニアクラスからスタートします。

経営コンサルタントとして経験を積んだ後は、コンサルティングファームで働き続けるか、ポストコンサルとして別の会社へ転職する選択肢もあります。

コンサルティングファームで働き続ける場合は、シニアマネージャーやパートナーとしてプロジェクトの責任者を目指す人も多くいます。

ポストコンサルとして転職する場合は、主な転職先としてPEファンドや大手事業会社、ベンチャー企業などがあります。

コンサルティングファームでの経験を活かして、転職先での経営企画、事業開発などを行うポジションに就くことになるでしょう。

フリーランスコンサルタントとしてのキャリアパス

コンサルティングファームで経営コンサルタントとしてのスキルを身につけ、フリーランスコンサルタントとして独立する人もいます。

フリーランスコンサルタントは、コンサルティングファームに所属するよりも、自分の裁量が大きいというメリットがあります。

案件の内容やプロジェクトにかける時間、労働量などを調整しやすくなるでしょう。

コンサルタントとして働きながらワークライフバランスを重視したい人にもおすすめです。

経営コンサルタントは、高度な専門知識やスキルを保有しているため、フリーランスとして独立しやすいのが特徴です。

経営コンサルタントを目指す人は、将来的に独立することも視野に入れておくと良いでしょう。

まとめ

経営コンサルタントとは、企業の経営課題を洗い出して分析し、最適な解決策を提示する仕事です。

コンサルティングファームに所属して経験を積んだ経営コンサルタントは、フリーランスコンサルタントとして独立する選択肢もあります。

MICHINORI」は、フリーランスコンサルタントの"良い縁"の場をつくるマッチングサービスです。

経営コンサルタントのための案件を多く保有しており、運営メンバーは現役コンサルタントのため、継続的にフリーランスコンサルタントが活躍できるようサポートを行っています。

企業とフリーランスコンサルタントのミスマッチ防止につながるだけでなく、案件参画後まで安心して利用できるのがメリットです。

フリーランスコンサルタントとして長期的に活躍できる案件をお探しの人は、ぜひ無料会員登録からお気軽にお問い合わせください。

関連記事

金融コンサルタントになるには?具体的な仕事内容まで徹底解説

関連記事

コンサルタントの仕事内容とは?種類ごとの年収や向いている人も解説!

関連記事

DXコンサルタントになるには?仕事内容や求められるスキルを紹介