DXコンサルタントになるには?仕事内容や求められるスキルを紹介

DXコンサルへの転職を考えた場合、

「DXコンサルタントになるにはどうすれば良い?」

「DXコンサルティングの仕事内容とは?」

など、DXコンサルティングの仕事内容がわからないとお悩みではありませんか?

そこで、この記事では

  • DXコンサルティングの概要
  • DXコンサルタントが求められている背景
  • DXコンサルタントの仕事内容

などについて紹介します。

最後まで読めば、DXコンサルティングの仕事内容を把握し、DXコンサルへの転職を検討することができます。

DXコンサルティングについて

 DXコンサルティングの仕事内容を把握するには、まずDXについて理解する必要があります。

ここから、DXの概要やDXコンサルティングの概要について解説します。

そもそもDXとは?

DXとは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)を略した言葉を指します。

経済産業省は平成30年の「DXレポート」で「企業が最先端のデジタル技術を駆使して、新たなビジネス・モデルを創出し、企業そのものが変革していかなくてはならない」と提言しました。

これからの将来、企業や組織のDXがさらに求められると予想されています。

DXコンサルティングとは?

DXに関心が高まる中、日本企業もDXに積極的に取り組んでいます。

しかし日本ではIT人材が不足していたり、既存システムが複雑だったりして、DXを実現するのが難しいといった現状があります。

そこで、企業の課題を解決するために注目されているのが、DXコンサルティングです。

ITに弱い企業がDXを推進する場合、DXを熟知しているコンサルタントが支援することで、DXの実現が容易になるでしょう。

DXコンサルタントが求められている背景

 DXとは単なるIT化だけではありません。

例えば人事に関する業務について、人事管理システムを導入したとしても、それだけでDXを推進したとはいえないでしょう。

DXとはIT化を手段とし、企業が全社的にビジネスモデルを変革することです。

しかし、実際にDXを推進するにはIT人材が不足しているといった課題があります。

社内でDXに必要な人材の育成が困難である場合、外部のDXコンサルを活用する必要があります。

DXコンサルは、戦略や実行計画の策定などDXに関する経験が豊富です。

そのため、プロジェクトを正しい方向に導くことができるでしょう。

DXコンサルタントの仕事内容

DXコンサルタントの仕事内容は、既存事業の効率化、社内の体制構築、社内のDX人材育成、デジタル技術を活用した新規事業立案などです。

ここから詳しく解説します。

DXに向けた新規事業の戦略立案

DXコンサルタントは、DXの戦略を策定する専門家です。

顧客のビジネス環境や課題に応じて、DXの方向性や目指すべき成果を明確にします。

また、新規事業を立ち上げる場合、資金や収益モデル、タイムラインなどを含む事業計画を作成し、実行に向けたロードマップを示します。

既存事業の効率化

DXコンサルタントの役割は、DXを推進するために、企業のビジネスやITの課題を分析し、最適なソリューションを提案することです。

まず、既存事業と新規事業を切り分けます。

既存事業には、過去のデータに課題があります。

課題解決のため何をDXしていけば良いのか判断がしやすく、DX実施後の評価もできるため、DXの効果が期待できるでしょう。

社内の体制構築

DXコンサルタントは、顧客の組織やビジネスを根本から変革します。

DXの必要性や効果を経営陣に説明し、同意を得ることが必要です。

また、新規事業の立ち上げのため、部門の再編成や専任チームの構築も必要です。

社内でデジタルスキルが不足している場合、マニュアルやトレーニングを実施します。

社内のDX人材育成

DXコンサルタントの役割は、デジタル分野での人材育成に課題を抱える顧客に対して、教育支援を行うことです。

DX人材のスキルや能力を明確にし、トレーニングやワークショップを通して、人材のレベルアップを促進します。

またDX人材の採用においても、採用基準や面接プロセスを設計し、優れた人材を確保できるように支援します。

DXコンサルタントに求められるスキル 

DXコンサルタントに求められるスキルは、ITに関する知識や最先端の情報収集能力、総合的なコンサルティング能力です。

ここから詳しく解説します。

ITに関する知識

DXコンサルタントはDXの専門家としてITに関する知識が不可欠です。

そのため、以下の知識について必ず学んでおきましょう。

  • ソフトウェアやハードウェアの知識
  • ネットワークの技術
  • システム開発のプロセスなど

また、以下の仕事で実務経験を積んでいる人は、転職でも有利になるでしょう。

  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • PMO

最先端の情報収集能力

DXでは最先端の情報収集能力が必要です。

以下の知識があると転職先で高く評価され、仕事に活かせるでしょう。

  • AI
  • IoT
  • XR
  • センシング
  • デジタルツイン
  • 5G

DXコンサルタントには、日々進歩を続けていく最新技術の情報に注目し、学び続ける姿勢が重要です。

また、以下の仕事について実務経験があると仕事で活かすことができます。

  • AIエンジニア
  • データサイエンティスト
  • UX/UIデザイナー

総合的なコンサルティング能力

DXコンサルタントは上述したような知識だけではなく、コンサルタントとしての能力が必要になります。

DXコンサルタントに必要なコンサルティング能力は以下の通りです。

必要な能力内容
コミュニケーション能力・ 経営層や関係各所とのやり取り
経営に関する知見・ 財務やマーケティングの知識等
論理的思考力・ 状況を冷静に分析

DXコンサルティングを必要としている企業

DXの推進を考えていても、うまく進められない企業はDXコンサルティングを必要としています。

必要な企業はIT関連の知見・ノウハウが不足していたり、データ分析ができていなかったり、レガシーシステムの改善ができない企業です。

ここから詳しく見ていきます。

IT関連の知見・ノウハウが不足している

最新技術のノウハウを持っていない企業は、DXコンサルティングが必要です。

日本企業には最先端技術の専門家が不足しており、自社で育成すると時間もかかります。

しかし、外部のDXコンサルタントを活用すれば、そのノウハウをスピーディーに取り入れることが可能です。

その結果、企業は人材不足を気にすることなく、DXに着手できるでしょう。

データ分析ができていない

データの活用方法がわからず、デジタル技術の知識やスキルを持った人材が不足している場合、DXコンサルティングの活用が有効です。

DXコンサルティングでは、データの収集や分析に関する適切な手法を学べるだけでなく、社内のDX人材の育成にも貢献できます。

自社でレガシーシステムの改善ができない

DXコンサルティングは、既存システムの刷新を考えている企業にとっても欠かせません。

過去の技術で作られたITシステムをレガシーシステムと呼びます。

レガシーシステムをそのまま使い続けると、システムの故障や情報漏洩の危険性が高くなります。

また、運用費用も高騰し、社内のデータの一元化や管理が難しくなってしまうでしょう。

しかし、レガシーシステムを刷新するには、IT分野について高い知識を持った専門家が必要です。

デジタル領域のプロであるDXコンサルタントに助言を求めると、レガシーシステムから新システムへの移行がスムーズにできるでしょう。

DXコンサルタントになるには?

コンサルティング経験者とコンサルティング未経験では、DXコンサルタントになる方法が異なります。

ここから詳しく解説します。

コンサルティング経験者の場合

DXコンサルタントになる一般的な方法は、最先端技術や事業企画の知識を深め、コンサルティングファームに入ることです。

DXコンサルタントは専門的な能力が必要とされるため、高い給与・役職で雇われることも珍しくありません。

そのため、転職を通じて、現在よりも優れた年収やポジションを目指すのが良いでしょう。

コンサルティング未経験の場合

コンサルティング未経験であっても「未経験OK」の会社であればチャンスがあります。

転職の際、アピールすべきポイントは、自身がこれまで経験したコンサルティングに近い経験です。

過去の経験とDXの接点があれば選考で有利になるでしょう。

例えば、業務課題を分析したり解決したりといった経験があるとアピールしやすくなります。

まとめ

DXコンサルタントとは、DXを推進したり、既存業務のデジタル化を図り価値を創出したりする仕事です。

昨今、DXに積極的に取り組む企業は多く、DXコンサルタントの需要は高まっています。

MICHINORI」では、フリーランスのDXコンサルティングの豊富な案件紹介だけでなく、継続的なサポートも可能です。

現役コンサルタントとして活動しているコンサルティングファームからの支援が受けられるため、ミスマッチ防止にもつながります。

また、企業でフリーランスのコンサルタントとして活躍してきたメンバーも多く、適切なアドバイスが受けられます。

DXコンサルタントとして働きたい人は、ぜひ無料会員登録をしてみてください。

関連記事

コンサルタントの仕事はきつい?そう言われる理由や対処法を紹介

関連記事

コンサルタントの転職先とは?転職を成功させるコツも紹介!

関連記事

コンサルタントは起業しやすい?起業するメリットや失敗例を紹介