コンサル転職で後悔する理由は?中途入社は辛いのかも解説

「コンサルへ転職したいけれど向いてなかったら?」

「コンサルの仕事はきついって本当?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • コンサルは「きつすぎ」「向いてなかった」と言われる理由
  • コンサル転職してよかったと思える理由
  • コンサルへ転職して後悔する人の特徴
  • コンサル転職で後悔しないためのコツ

コンサルへの中途入社は「辛い」「使えない」と言われる理由と対策の順番に解説していきます。

コンサルへの転職を検討している人には役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルは「きつすぎ」「向いてなかった」と言われる理由5選

コンサル転職に関して、実際に転職した人から

「仕事がきつすぎた」、「自分には向いていなかった」

と聞くことが多くあります。

ここからはコンサル転職で後悔する理由について、以下の5つを紹介します。

  • 要求される仕事のレベルが高い
  • 泥臭い雑務が多い
  • 労働時間が長くなりやすい
  • 周りの意識が高すぎる
  • 常に知識のキャッチアップが必要

コンサル転職を検討している人は、転職してから後悔しないために事前に確認しておきましょう。

要求される仕事のレベルが高い

コンサルは要求される仕事のレベルが高く「つらい」と感じる人もいることでしょう。

コンサル業務では、クライアントが抱える課題を解決するため、高度な専門知識や問題解決能力が求められます。

コンサルティング自体の単価が高額なため、常に高いレベルの提案や成果が必要であり、大きな責任やプレッシャーを感じて精神的な負担が大きくなります。

泥臭い雑務が多い

コンサルの業務内容は、データ分析やリサーチ、資料作成、クライアントの経営者から現場関係者までとの密なコミュニケーション、スケジュール調整といった雑務が多いのが実態です。

これらの業務は時間や労力を要するため「時間が足りない」「退屈」と感じる人もいるかもしれません。

プロジェクトを円滑に進めるためには、このような地道な仕事が重要です。

しかし、コンサル業務のキラキラしたイメージと現実のギャップに苦しむ人も多いでしょう。

労働時間が長くなりやすい

コンサル業界は労働時間が長く、残業や休日出勤が多いこともあります。

dodaの「平均残業時間の多い職種 ランキングTOP20」では、コンサルタントの月の残業時間は37.1時間で1位となっています。

ディスカッションを行った次の日までに、データ分析や資料作成を仕上げる局面も多く、クライアント優先で業務を進めるため、拘束時間が長いことが多く「つらい」と感じる人もいます。

周りの意識が高すぎる

コンサル業界には優秀・勤勉な人材が多いです。

「高い報酬をもらっている以上、報酬以上のバリューを発揮するのが重要」などと、自分より意識が高い同僚や先輩ばかりで「ついていけない」と感じることがあります。

周囲と自分を比較してマイナス思考に陥ってしまう人にとっては、コンサル業界で働くことを辛く感じてしまうでしょう。

常に知識のキャッチアップが必要

コンサルの仕事は常に高度な知識やスキルが求められます。

仕事がハイレベルなので、常に勉強をする必要がある環境といえます。

忙しい中で時間を作って自己研鑽をする必要があり、きついと感じる人もいるでしょう。

コンサル転職してよかったと思える理由4選

前章ではコンサル転職が「きつい」と言われる理由を紹介しましたが、「転職して良かった」と思える理由も多くあります。

ここからはコンサル業界への転職メリットを紹介します。

高年収が期待できる

コンサル業界は年収が高い企業が多く、転職することで年収アップを期待できます。

コンサル業界はビジネスモデル的に利益率が高いため、人件費を高く設定できる特徴があります。

doda「平均年収ランキング(職種・職業別)【最新版】」によると、コンサルティングファームなど専門職全体の平均年収は585万円です。

専門職の年収ランキングでは、7〜9位と上位に入っており、高年収が期待できるでしょう。

上流のキャリアパスを築きやすくなる

コンサルティングファームの出身者であるポストコンサルは転職市場において需要が高いのが特徴です。

コンサルティングファームでの経験によってその後のキャリアは異なりますが、いずれも上流のキャリアパスを構築するのに有利になるでしょう。

国内の大手事業会社やベンチャー企業などさまざまな転職先の選択肢があります。

転職せずに自分で起業・独立することも可能で、コンサル業界での経験はさまざまなキャリアに役立ちます。

ビジネス知識・スキルが身につく

コンサルティングファームでの経験は一般的なスキルだけでなく、以下のようなビジネスに役立つ知識も身につけられます。

  • 論理的思考力
  • プレゼンテーションスキル
  • スケジュール・タスク管理能力

このようなビジネススキルはどの企業でも活用できるもので、市場価値がアップします。

多様な業界の知識が身につく

コンサルを経験することで、多様な業界知識が身につくこともメリットです。

コンサルでは幅広い業界のクライアントのプロジェクトに関わることができます。

さまざまな企業のビジネスモデルや業界の特性などを知れるので、視野を広く持てるようになるでしょう。

コンサルへ転職して後悔する人の特徴3選

コンサル転職は「きつすぎる」といわれる一方、メリットも多いのが特徴です。

では、コンサルに転職して後悔するのはどんな人なのでしょうか。

ここからはコンサルへ転職して後悔する人の特徴を紹介します。

ハードワークが苦手

コンサルは労働量が多く、拘束時間が長いことに耐えられないと後悔する可能性があります。

ハードワークに慣れることが難しいと、体調を崩してしまうリスクもあるでしょう。

働き方改革により少しずつ改善されてはいるものの、ハードワークが多い傾向にあります。

自主的なキャッチアップが苦手

コンサルは高度な専門知識やスキルを求められることが多く、自己研鑽を続けていくことが大切です。

成長意欲が低い人は自発的に勉強できず「ついていけない」と感じてしまうかもしれません。

コンサルへの転職を検討している人は、自主的なキャッチアップを習慣づけておきましょう。

目的意識が低い

コンサル業界は「UP or OUT」の世界であり、非常に厳しい業界です。

「将来こうなりたい」、「〇〇のスキルを身につけたい」のような明確な目的意識がないと、激務に耐えられず後悔してしまう可能性があります。

年収の高さやキラキラした業務内容のイメージだけで転職を決めると、後悔してしまうでしょう。

コンサル転職で後悔しないためのコツ

業務内容を理解する

コンサル転職を決める前に、コンサル業の仕事内容について理解しておきましょう。

特に若手のうちは下積みとして地道な作業をすることが多いです。

漠然としたイメージだけで入社すると、理想と現実のギャップで後悔する可能性があります。

企業調べを行う

コンサル業界と一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。

そのため、自分が興味のある企業を絞っておくことが大切です。

自分に合うコンサルティングファームを探すときは、業務内容だけでなく、労働環境や実際に働く人の口コミを見ておくと良いでしょう。

主なコンサルティングファームの種類は以下の通りです。

コンサルティングファームの領域 分野 内容
戦略系 戦略系 企業が抱える課題を解決するための戦略を立てる。
大企業や外資系のクライアントが多い。
事業再生系 業績が悪化・低迷している企業の再生支援を行う。
総合系 総合系 さまざまな業界のクライアントに対して、戦略・IT・人事・財務など幅広い分野における提案を行う。
大規模なプロジェクトが多い。グローバルに展開するコンサルティングファームも多数ある。
シンクタンク系 大手銀行や証券会社が親会社となっている企業が多い。
市場動向や官公庁向けのリサーチ業務だけでなく、民間企業向けの経営コンサルティングも行う。
業務・IT系 IT系 主にシステムに関する企業の課題解決を担当する。
中立性・独立性に強みを持っている。
組織人事系 人事・組織といった企業の人材に関する課題解決を行う。
人事制度や研修、人事システムの構築などがメイン。
財務アドバイザリー系 財務や会計領域のコンサルティングを担当する。
M&Aや不動産投資の支援なども行う。
オペレーション系 オペレーション領域の改革・改善を行う。
生産性向上やコスト削減等による利益率向上を目的とした推進支援を行う。

コンサル専門の転職エージェントやマッチングサービスを利用する

コンサル転職はコンサル系に強みのある転職エージェントの利用がおすすめです。

フリーコンサルタントの場合は専門のマッチングサ―ビスを利用しましょう。

自分の経験や実績に合った案件や、マッチングサービスならではの独占案件も紹介してもらえます。

コンサルへの中途入社は辛い?使えない

コンサルへの中途入社は「つらい」と感じたり「使えない」と言われてしまったり、悩んでしまう人が多いことも事実です。

そのように言われる理由は、主に以下のものがあげられます。

  • コンサル特有の業務内容や文化に慣れるまで大変
  • 長時間労働に耐えられない
  • 高いスキルや知識が求められるため、ついていけない
  • 勉強が苦手

一度「使えない」と評価されてしまうと、その評価を挽回するのが難しいのもコンサル業界の特徴です。

コンサルへの中途入社で「使えない」と言われないためには、転職前に以下の点に注意しておきましょう。

  • コンサルでの経験を通してどうなりたいのか明確にしておく
  • 前職での経験や専門分野が活かせる企業を選ぶ
  • 自主的なキャッチアップの習慣をつける

未経験でコンサルに中途入社しても活躍できるよう、事前に準備することが大切です。

まとめ

本記事ではコンサル転職は「きつすぎ」「向いてなかった」と言われる理由や、転職のメリット、後悔しないコツや対策を紹介しました。

MICHINORI」はフリーランスコンサルタントと企業の"良い縁"の場をつくるマッチングサービスです。

現役コンサルティングファームが運営する「MICHINORI」だからこそ、ミスマッチを防止するリアルなマッチングが可能です。

案件参画後も長く活躍できるよう継続的にサポートしているため、安心して利用できます。

「MICHINORI」の運営メンバーは現役のコンサルタントであり、フリーランス経験のあるメンバーも在籍しています。

フリーランスコンサルタントとして長く活躍できる案件を探している人は、ぜひ無料会員登録をしてご相談ください。

関連記事

コンサルが使うフレームワーク・思考法とは?よく使うもの一覧も紹介

関連記事

PMOコンサルタントはつまらない?やりたくない?向いている人とは

関連記事

コンサルタントの仕事内容とは?種類ごとの年収や向いている人も解説!