女性がコンサルタントになることは難しい?メリットや年収も解説

「女性がコンサルタントになることは、難しいのだろうか?」

「女性がコンサルタントになるメリットは、あるのだろうか?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • 女性がコンサルタントとして働くメリット・特徴
  • 女性コンサルタントのワークライフバランスとは?
  • 女性コンサルタントにおすすめの働き方とは?

の順番に解説していきます。

働き方から年収に関することまで紹介するため、コンサルタントに興味がある女性や、現役コンサルタントとして働き方を模索している人は、ぜひ最後までご覧ください。

女性がコンサルタントとして働くことは難しい?その実態を紹介

コンサルタントは、クライアントの難しい課題を解決するために、ハードワークが必要なことが多く、女性が働くことは難しいと感じる人は少なくありません。

しかし、近年では育休や短時間勤務などの制度を利用できるコンサルティングファームが増えてきています。

その他にも、リモートワークやベビーシッター補助金制度、企業内保育園など、出産・育児をしながらでも働き続けられる制度が整いつつある傾向です。

また、女性コンサルタントを希望するクライアントのニーズに応える目的で、コンサルティングファームでの女性の採用強化や、職場環境の整備などが積極的に行われています。

特に、大手企業では女性コンサルタントの採用を積極的に行う企業が増えてきています。

また、働く時間帯や業務量を調整しやすいフリーランスという働き方も増えてきており、女性がコンサルタントとして働くことは、決して難しいことではありません。

女性がコンサルタントとして働くメリット・特徴

女性コンサルタントは、業界内で求められる存在であり、コンサルタントとして働く女性側にもさまざまなメリットがあります。

ここからは、女性がコンサルタントとして働くときのメリットや特徴を解説します。

コンサルタントの働き方に興味のある女性は、ぜひ参考にしてみてください。

【 女性がコンサルタントとして働くメリット・特徴 】
  • キャリアの自由度が高い
  • 傾聴力や共感力を活かすことができる
  • 普遍的なスキルが身につく

キャリアの自由度が高い

コンサルタントとして自身のスキルや経験を積んでいくことで、今後のキャリアで自由な働き方をしやすくなります。

コンサルタントになって、初めのうちから自由度が高いわけではありませんが、コンサルタントの仕事を経験することによって、今後のキャリアで活用できる高いスキルが身につきます。

ビジネスにおいて必要なコミュニケーション能力や問題解決能力に加え、クライアントの業界の深い知識や知見などを身につけることが可能です。

そのため、キャリアの選択肢の幅が大きく広がると言えるでしょう。

傾聴力や共感力を活かすことができる

コンサルタントの仕事では、傾聴力や共感力などと言った普遍的なコミュニケーション能力が非常に大切です。

女性の強みとしては傾聴力や共感力などのコミュニケーション能力の高さがあげられます。

コンサルタントとして、クライアントや社内メンバーとの良好なコミュニケーションを取る際に、女性コンサルタントの強みが活かせるでしょう。

普遍的なスキルが身につく

コンサルタントの仕事では、専門知識だけでなく普遍的なスキルを身につけることができます。

ロジカルシンキングやコミュニケーション能力、問題解決能力など、仕事をする上で欠かせないスキルの底上げが可能です。

また、コンサルタント初心者の場合は、最初にアナリティクスや資料作成など、地道さが必要な作業を任されることが多くあります。

その経験によって、基本的な成果物の作成スキルやコツなどが身につくことでしょう。

女性コンサルタントのワークライフバランスとは?

現在は、コンサルティング業界でも働き方が改善されている傾向にあり、さまざまな勤務形態の会社があります。

また、コンサルタントは基本的に人が資本になる仕事であるため、福利厚生が整った会社は増えてきています。

育休・産休などを活用すれば、仕事を辞めることなく家族との時間を作ることができます。

また、近年増えてきているリモートワーク制度を活用することで、仕事を進めながら、合間に家事や子育てを行うことができます。

さらに、フレックス制度を活用できる会社であれば、保育園のお迎えや子どもの急な体調変化にも臨機応変に対応できるでしょう。

ワークライフバランスに関わる制度を導入する会社や利用する人は増加傾向にあり、自身のライフスタイルを楽しみながらコンサルタントとして活躍する女性が増えてきています。

女性コンサルタントの平均年収レンジ

コンサルタントは一般的に、高年収である場合が多い職業です。

コンサルタント自体、成果主義が強い仕事であるため、男女関係なく評価され、年収が決まることがほとんどです。

ここからは、勤務するコンサルティングファームの種類別に、各コンサルタントの特徴と平均年収を紹介していきます。

ここで紹介する年収は、役職全体のものであることを理解した上で、ぜひ参考にしてみてください。

【 女性コンサルタントの平均年収レンジ 】
  • 外資系コンサルタント
  • 日系コンサルタント

外資系コンサルタント

外資系コンサルタントの特徴は、成果主義の意識が強いことです。

基本的に多くの外資系コンサルタントは成果主義で厳しい人事評価を実施しています。

また、育休などの制度は外資系コンサルタントの方が活用しやすいという声もあります。

外資系コンサルタントの平均年収レンジは、役職全体で見て500~1,300万円です。

日系コンサルタント

日系コンサルタントは外資系コンサルタントと比べて、長期的な人材育成を行う傾向があります。

きちんとした社内の研修制度を導入している会社は、日系コンサルタントの方が多いといえるでしょう。

日系コンサルタントの平均年収レンジは、役職全体で見て500~1,000万円です。

外資系コンサルタントより年収がやや低い傾向にありますが、日系コンサルタントの方が労働時間の調整がしやすいという特徴があります。

女性コンサルタントにおすすめの働き方とは?

コンサルタントという仕事は、女性にとっても決して難しい仕事ではありません。

ここからは、女性コンサルタントにとっておすすめの働き方を2つ紹介します。

これからコンサルタントとして働くことを目指す女性は、ぜひ参考にしてみてください。

【 女性コンサルタントにおすすめの働き方 】
  • フリーランス
  • コンサルティングファーム

フリーランス

女性にとって、フリーランスという選択肢は最適な働き方と言えます。

ただし、未経験からフリーランスを目指すのは難しいため、コンサルティングファームを経験してポストコンサルとしてフリーランスを目指すことがおすすめです。

コンサルティングファームで経験を積んだ人は、第二キャリアとしてフリーランスでの働き方が適しているでしょう。

コンサルタントはキャリア形成がしやすい仕事です。

そのため、フリーランスになっても自身のスキルを活かした働き方ができます。

また、コンサルティングファームで働くよりもフリーランスの方が年収が上がるケースが多く、ワークライフバランスについても会社に勤めるより融通が利く傾向があります。

そのため、特に女性のコンサルタントにおいて、フリーランスを第二キャリアに選ぶことは非常におすすめの働き方と言えるでしょう。

コンサルティングファーム

コンサルティングファームで働く選択肢は、女性にとって有利に働くと言えるでしょう。

紹介してきた通り、近年はワークライフバランスを重視した制度を導入する企業が増えてきています。

さらに、女性コンサルタントの活躍推進をしている企業もあり、女性としてキャリアと家庭の両立が実現できる企業が増加傾向にあります。

育休やフレックス制度などを上手く活用すれば、仕事と家庭どちらも充実させながら働くことができるでしょう。

女性コンサルタントして活躍するコツ

女性コンサルタントが活躍していくためには、自身がなりたい将来像とキャリアプランを決めることが重要です。

コンサルタントはキャリアの自由度が高いことが大きな特徴です。

そのため、コンサルタントとしてどのような仕事をしていきたいか、どのようなコンサルタントになりたいかなどを明確にしておかなければなりません。

転職の際や今後のキャリアを考えるタイミングで、自身の将来像を明確にしておくと、コンサルタントとしてより活躍の幅が広がるでしょう。

また、主にフリーランスコンサルタントを対象にした案件マッチングサービスが多くあります。

自身がやりたいコンサルティングの分野を明確にし、案件マッチングサービスを利用してみると、より良いキャリア形成ができるでしょう。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

まとめ

女性がコンサルタントになることは、一見難しそうに感じますが、女性も十分に目指せる職業です。

さらに、近年は需要が高まりつつあり、ワークライフバランスが取りやすい制度が充実しつつあります。

コンサルタントは、コンサルティングファームだけでなくフリーランスとしても活躍しやすいため、第二キャリアとしてフリーランスになることも検討してみてはいかがでしょうか?

フリーランス専門サービスを展開する「MICHINORI」では、女性のフリーランスコンサルタントにもおすすめの幅広い案件の紹介が可能です。

"良い縁"の場をつくるマッチングサービスによって、ミスマッチが無く、長く活躍できる案件を探し出します。

無料で会員登録ができるので、現役コンサルタントで働き方を模索している人は、お気軽にご利用・ご相談ください。

関連記事

大手コンサルティング会社の特徴とは?日本や外資に分けて解説!

関連記事

コンサル転職で後悔する理由は?中途入社は辛いのかも解説

関連記事

ビジネスコンサルタントとは?その種類や仕事内容、年収などを紹介