マズローの欲求5段階説とは?その内容や活用例を簡単に解説

「マズローの欲求5段階説について詳しく知りたい」

「マズローの欲求5段階説はビジネスにどう活用できる?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • マズローの欲求5段階説の内容
  • マズローの欲求3分類
  • ビジネスへの活用例
  • 欲求5段階説の反対意見

の順番に解説していきます。

マズローの欲求5段階説をビジネスに生かしたい人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

マズローの欲求5段階説とは?簡単に解説

「マズローの欲求5段階説」とは、アメリカの心理学者アブラハム・ハロルド・マズローが1943年に提唱した主張です。

この主張は「自己実現理論」と呼ばれることもあります。

階層欲求の種類
1段階目生理的欲求
2段階目安全欲求
3段階目社会的欲求
4段階目承認欲求(尊重欲求)
5段階目自己実現欲求

マズローは、人間は階層の低い欲求が満たされると、次の階層の欲求を満たしたくなるという心理的行動を主張しました。

マズローは「人間は自己実現に向かって成長する」という仮定のもと、人間の欲求を以下5つの階層に分類しました。

5段階目の「自己実現欲求」を満たすには、1段階目の欲求から順番に満たす必要があるとしています。

このマズローの欲求5段階説は、一部否定的な意見もあるものの、マーケティングの基礎知識としてビジネスの現場で多く使われています。

マズローの欲求5段階の内容

ここからは、マズローが提唱した5段階の欲求について、1つずつ解説します。

本章を参考に、マズローの欲求5段階説をどのようにビジネス活用するか検討してみてください。

1段階:生理的欲求

生理的欲求は、人間が生存するのに最低限必要な欲求のことで、マズローの欲求5段階説において最下層に位置します。

食事、水分、空気、睡眠、衣服など、生命を維持するのに不可欠なものが生理的欲求に当てはまります。

例えば「お腹が空いたから食事をする」「眠いから寝る」など、生きる上での本能的な欲求を満たす行動です。

2段階:安全欲求

安全欲求とは「身の安全を確保したい」「安心して生活したい」など、安全な生活を求める心理です。

病気、事故、事件、災害など、命の危険が及ばない環境で生活したいという欲求を指します。

特に幼児期はこの欲求が強く、「親と離れたくない」「暗い場所が怖い」などと感じる子どもが多いことが特徴です。

ただ、この安全欲求は成長とともに抑制され、欲求に対して寛容になっていくのが一般的です。

3段階:社会的欲求

家族・友人、会社など、コミュニティや組織に所属したいという心理を、社会的欲求といいます。

社会的欲求は、名前の通り社会的なつながりを求め「他者から受け入れられたい」という欲求です。

社会的欲求が満たされないと不安感・孤独感が強くなり、場合によっては鬱など精神的な疾患を抱えてしまうこともあります。

4段階:承認欲求(尊重欲求)

社会的欲求の上層には、承認欲求(尊重欲求)が存在します。

承認欲求は「他者から認められたい」「リスペクトされたい」など、自分の内面から湧き出る欲求です。

具体的には「褒められたい」「有名になりたい」「出世したい」といった欲求が挙げられます。

5段階:自己実現欲求

自己実現欲求は、自分自身において最大の潜在能力を発揮して、「ありたい自分になりたい」と、自己実現を追及する欲求です。

1〜4段階目までの「不足を満たしたい」という欲求とは異なり、成長や精神的満足感など「さらに上を目指したい」という心理から生まれる欲求です。

6段階?:自己超越欲求

マズローが最初に提唱したのは5段階の欲求ですが、後に彼は「人間には6段階目に『自己超越欲求』が存在する」と発表しました。

自己超越欲求は1〜5段階目までの上層に位置します。

「こうしたい」「これが欲しい」というシンプルな欲求ではなく、自分の希望や理想を超越して、欲求を満たすことに没頭する欲求です。

マズローによると、自己超越欲求を満たせている人は全人口に対してわずか2%ほどであり、ほとんどの人間はこの欲求を満たすことは難しいとされています。

マズローの欲求3分類

マズローの欲求5段階説は、以下3つの視点で分類することも可能です。

  • 物質的と精神的
  • 外的と内的
  • 欠乏と成長

これらの視点で欲求を分類すると、マズローが主張する人間の欲求についてより深く学べるでしょう。

本章を参考に、マズローの欲求5段階説への理解を深めておきましょう。

物質的と精神的

マズローが提唱する5段階の欲求は「物質的欲求」と「精神的欲求」に分類できます。

物質的欲求生理的欲求(1段階)安全欲求(2段階)
精神的欲求社会的欲求(3段階)承認欲求(4段階)自己実現欲求(5段階)

物質的欲求は食べ物や水分、衣服、家など形のあるもの、対して精神的欲求は安心感や満足感など、形のないものを欲する心理です。

精神的欲求は生命の維持には直接関与しないものですが、物質的欲求よりも高次的な欲求で構成されています。

外的と内的

マズローの5段階欲求は「外的欲求」と「内的欲求」にも分けることができます。

外的欲求生理的欲求(1段階)安全欲求(2段階)社会的欲求(3段階)
内的欲求承認欲求(4段階)自己実現欲求(5段階)

生理的欲求、安全欲求、社会的欲求の3つは自分を取り巻く環境について満たしたいと考える欲求です。

対する承認欲求(尊重欲求)や自己実現欲求は、自分の内面についての欲求であり、1〜3段階目の外的欲求と区別されています。

欠乏と成長

マズローは1〜4段階目までを「欠乏欲求」、5段階目を「成長欲求」と分類しています。

欠乏欲求生理的欲求(1段階)安全欲求(2段階)社会的欲求(3段階)承認欲求(4段階)
成長欲求自己実現欲求(5段階)

欠乏欲求とは「自分に足りないものを補って満たしたい」と感じる欲求、成長欲求は「満足した上でさらに上を目指したい」と感じる欲求です。

成長欲求に分類される5段階目の自己実現欲求は、1~4段階目をすべて満たした状態でないと満たされない欲求といわれています。

「マズローの欲求5段階説」の活用例

マズローの欲求5段階説は、コンサルティングなどビジネスの現場でも生かせる理論です。

具体的には以下のような場面で活用できます。

  • 組織コンサルティング
  • マーケティング戦略

本章ではマズローの欲求5段階説を生かせるコンサルティング業務を具体的に解説します。

現役コンサルタントで、マネジメントやマーケティング分野を強化したい人はぜひ参考にしてください。

組織コンサルティング

マズローの欲求5段階説は、組織のコンサルティング業務に活用できます。

5段階の欲求を理解しておくことで、クライアント企業が不足している要素を適切に抽出できるようになります。

例えば

「労働環境は生理的欲求や安全欲求が満たせる状況か」

「社員の社会的欲求や承認欲求が満たせる人事評価制度になっているか」

といった視点が持てるようになるでしょう。

マズローの欲求5段階説をもとに、社員の会社に対する満足度やモチベーションの向上を目指せる施策を提案できるはずです。

マーケティング戦略

マズローの欲求5段階説は、マーケティング戦略を立案する上での基礎知識です。

そのため、欲求の種類や分類を正しく理解すれば、マーケティング分野のコンサルティングに活用できます。

クライアント企業の商品・サービスは顧客のどの欲求を満たせるのか、顧客の欲求を満たすためにどのようなプロモーションが必要かといった視点が持てるはずです。

よってマズローの欲求5段階説は、顧客開拓や販促活動などあらゆるマーケティング戦略を考える上で役立つ理論といえます。

「マズローの欲求5段階説」の反対意見

マズローの欲求5段階説は現代でも認知度が高く、マネジメントやマーケティングなど多くのビジネス現場で活用されています。

しかし今日に至るまで科学的根拠が証明されておらず

「性差や文化差が生じる」

「再現性が低い」

と、批判的な意見があるのも事実です。

たしかに、人間の欲求は複雑であり、環境や性格によっても差があるため、マズローが提唱するような単純な分類は難しい可能性があります。

そのため、マズローの欲求5段階説は、あくまでもマネジメントやマーケティング戦略を考える上で使える視点の1つと捉えておきましょう。

効果的なコンサルティングを行うためには、1つの理論や考え方に固執せず、多角的に分析し、戦略を立案することが重要です。

まとめ

「マズローの欲求5段階説」では、人間の欲求について以下5つの階層に分類しています。

  • 1段階目:生理的欲求
  • 2段階目:安全欲求
  • 3段階目:社会的欲求
  • 4段階目:承認欲求(尊重欲求)
  • 5段階目:自己実現欲求


より高次な欲求を満たすには、1段階目から順番に欲求を満たしていく必要があると考えられています。

この「マズローの欲求5段階説」はさまざまなビジネスで活用されており、コンサルティング業務にも活かせる理論です。

現役コンサルタントとして活躍の場を広げたい人はぜひ覚えておきましょう。

MICHINORI」では、フリーランスコンサルタント向けの案件を多数取り扱っています。

コンサルタントとして独立経験があるメンバーも在籍しているため、フリーランスならではの悩みに対して、経験に基づいたアドバイスやサポートも可能です。

フリーランスコンサルタントとして、長く安定的に活躍できる案件を探している人は、ぜひ「MICHINORI」に無料会員登録してサポートを受けてみましょう。

関連記事

顧問の仕事とは?その種類や会社での立ち位置、報酬相場を解説!

関連記事

フリーランス・個人事業主も労災保険に加入できる?加入の流れも紹介

関連記事

自由業とは?職種一覧や働くコツ、女性におすすめの自由業も紹介