コンサルのアベイラブルとは?その期間の給料や過ごし方を紹介

「コンサルタントのアベイラブルとは何のこと?」

「アベイラブル期間の給料はどうなるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • コンサルタントのアベイラブルに関する基礎知識
  • アベイラブルのメリットとデメリット
  • コンサルタントがアサインされない原因と対策
  • コンサルタントのアベイラブル期間における過ごし方

の順番に解説していきます。

コンサルタントのアベイラブルに興味がある方に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルタントのアベイラブルについて

「コンサルタントのアベイラブルとは、一体どういう意味なのでしょうか?

ここでは、コンサルタントのアベイラブルの基本的な知識を紹介します。

コンサルタントのアベイラブルとは?

コンサルタントのアベイラブル(available)とは、簡単に説明するとコンサルタントがプロジェクトを担当していない状態のことです。

言い換えると、いつでも「アベイラブル:対応可能」である状態を意味します。

具体的には、以下の期間がアベイラブルに該当します。

  • 調整期間:次のプロジェクトがスタートする前の調整期間
  • 休息期間:忙しい日々の中で次のプロジェクトに向けて休息するための期間
  • 放置期間:クライアントから依頼がない期間

このように意図的であるかは問わず、コンサルタントとしての仕事がない状態のことをアベイラブルと言います。

コンサルタントのアベイラブルはクビなの?

コンサルタントのアベイラブルは実質クビを意味するのでしょうか?

結論から述べると、コンサルタントのアベイラブルは必ずしもクビという訳ではありません。

アベイラブル期間の給料は保証されていますし、有給を消化する必要もないためです。

会社側は次のプロジェクトを準備できていないため、アサインするまで待ってほしいと考えています。

もちろん、中には実力が足りず、アサインされていない状態、いわば実質クビの状態である可能性もあります。

アベイラブル期間の給料はどうなる?

それでは、アベイラブル期間の給料はどうなるのでしょうか?

先述した通り、基本的にアベイラブル期間中も基本給は変わりません。

つまり、プロジェクトに参加していなくても一定の給料を受け取れるということです。

アベイラブル期間中に有給を消化するコンサルタントも多く見受けられます。

コンサルタントの評価はプロジェクトにアサインされた稼働率に左右されるため、有給を活用することで評価が下がらないようにするためです。

もちろん、有給を使用しなくても給料は保証されているので、給料に関しては心配する必要はありません。

アベイラブルのメリットとデメリット

ここでは、アベイラブルのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

コンサルタントはアベイラブル期間を活用して、これまでに担当してきた案件の見直し、自分のキャリアの見直し、人脈構築などを行えます。

こういった見直し作業は、業務が忙しいとなかなか時間を確保できず、後回しにしやすいものです。

しかし、プロジェクトに参加していないアベイラブル期間があれば、こういった作業に時間を充てることができて、現在の自分の状況を客観的に見直すことができます。

デメリット

コンサルタントのアベイラブルは、プロジェクトに参加していない状態です。

そのため、コンサルタントに必要な知識やスキルが低下する可能性があります。

コンサルタントとしての知見は実務経験を通して身につけることができます。

しかし、実務経験の機会が減ってしまうと、必然的にスキル習得の機会も減ってしまうのです。

ベテランのコンサルタントはアベイラブルによる影響は受けにくいですが、駆け出しのコンサルタントなどは積極的にプロジェクトに参加した方が良いかもしれません。

コンサルタントがアサインされない原因と対策

ここでは、コンサルタントがアサインされない原因と対策を紹介します。

能力が低い

アベイラブル状態にあるコンサルタントは、能力が低いと見なされている可能性があります。

言い換えると、プロジェクトを遂行する力がないと評価されているため、アサインできる案件が絞られてしまう状態です。

コンサルタントはクライアントありきの仕事です。

そのため、企業としてはクライアントの期待に応えられないコンサルタントを担当させることはできません。

対策

まずは自分の評価が低い原因を見極めましょう。

「適性」ではなく「努力不足」で評価されていない場合、努力をすることで状況を改善できる可能性があります。

例えば、資格を取得したり、メディアで情報を収集したりすることで改善を目指すことが可能です。

「適性」がない場合は、別の分野に挑戦する、コンサルタント以外の働き方を検討するなどして、状況を改善することをおすすめします。

案件とスキルがマッチしない

コンサルタントがプロジェクトにアサインされない原因として、案件とスキルがマッチしていない可能性があります。

コンサルタントによって得意とする分野はさまざまです。

例えば、英語が苦手なコンサルタントがグローバル関連のプロジェクトにアサインされる可能性は低いでしょう。

このようにタイミングの問題で、プロジェクトにアサインされていない可能性があるのです。

対策

スキルのミスマッチでプロジェクトを担当できない場合、新たなスキルを身につけることで対応できる業務の範囲を広げることができます。

例えば、英語が苦手なコンサルタントが英会話スキルを身につけることで、これまでは担当できなかった案件にも挑戦できるようになります。

特にどのようなスキルが求められているかを見極めて、スキルアップを目指すことが重要です。

休息を取る必要がある

休息を取る必要があると会社が判断したことが原因で、アベイラブルの状態にある可能性があります。

コンサルタントは必ずしも簡単な仕事ではありません。

クライアントに合わせて動く必要があるため、忙しいスケジュールで体力的にも精神的にも疲れが貯まりやすいのです。

パフォーマンスを下げないためにも、アベイラブル期間に休息を取ることが推奨されているケースがあります。

対策

休息を取る必要がある場合は、ストレスケアやリラックスする時間を確保することが重要です。

コンサルタントとしてのハードワークを継続するには、休息を定期的に取る必要があります。

休んでいる間にスキルが落ちないかが不安という方は、資格取得に時間を使ったり、自分のキャリアを見直したりして時間を有効活用するのも良いでしょう。

評判が悪い

アベイラブルの状態が続いているという場合、コンサルタントとしての評判が悪い可能性があります。

スキル自体は認められていたとしても、意思疎通が上手くいかなかったり、仕事の進め方が合わなかったりして、クライアントからの評価が低くなってしまうことがあるのです。

対策

コンサルタントとしての評判を上げるためには、何よりも案件を獲得して評判を挽回する機会を得なくてはいけません。

例えば、フリーランスとして案件を自分で探したり、別のコンサルティングファームに転職したりすることで、新たな案件を獲得できる可能性が高まります。

評価を下げないためにも、クライアントに丁寧に対応するなどして、工夫することも重要です。

コンサルタントのアベイラブル期間における過ごし方

それでは、コンサルタントのアベイラブル期間はどのように過ごせばいいのでしょうか?

キャリアプランの見直し

コンサルタントのアベイラブル期間をキャリアプランの見直しに使うことをおすすめします。

先ほど説明したようにキャリアプランの見直しは、時間に追われていると後回しにしやすい作業です。

しかし、キャリアプランを定期的に見直せていないと、自分が現在やっていることが目標達成までに必要なことなのかを客観的に判断することができません。

時間に余裕があるときにどのようなキャリアを築きたいか、どのような分野で活躍したいかを見直してみましょう。

プロジェクトへのアサイン活動

アベイラブル期間を活用して、自分のキャリアに役立つプロジェクトへのアサイン活動を行うと良いでしょう。

つまり、自らを売り込んでプロジェクトに参加するということです。

自分の経験やスキルが認められれば、挑戦したい領域のプロジェクトに参加できる可能性があります。

具体的には、チームの提案活動をサポートしたり、マネージャーと議論したりすることで、プロジェクトに参加できるかもしれません。

まとめ

今回の記事では、コンサルタントのアベイラブルに関する基礎知識やアベイラブルのメリットとデメリット、コンサルタントがアサインされない原因と対策、アベイラブル期間における過ごし方を解説しました。

コンサルタントのアベイラブルとは、プロジェクトにアサインされていない状態のことです。

アベイラブル期間を活用して自分で案件を探したり、スキルアップのために資格を取得したりすることもできます。

アベイラブル期間にスキルが低下することを恐れている方は、アベイラブル期間にフリーランスとして活動することを検討してみましょう。

MICHINORI」はフリーランス向けの案件を数多く紹介しています。

これまでのフリーランスコンサルタントとの協業経験を活かして、コンサルタントの悩み相談にも対応しています。

興味のある方は、ぜひ無料会員登録をしてみてください。

関連記事

日系コンサルティング会社とは?おすすめの会社一覧も紹介

関連記事

コンサルティングファームとは?種類ごとの仕事内容や年収を紹介

関連記事

人事コンサルタントは激務?仕事内容や将来性を解説!