コンサルタントの仕事はきつい?そう言われる理由や対処法を紹介

「コンサルタントの仕事は、なぜきついと言われているのか?」

「コンサルタントから転職するなら、どのような業種が良いのだろうか?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • コンサルタントの仕事がきついと言われる理由
  • コンサルタントの仕事がきついと感じた時の対処法
  • コンサルタントにおすすめの転職先

の順番に解説していきます。

コンサルタントの仕事がきついと感じている人や、コンサルタントに適した転職先を探している人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントは、専門家として企業の経営の相談を受けたり指導をしたりして、企業が抱える悩みを解決に導く仕事です。

コンサルタントの主な仕事内容は、「現状分析」「課題定義」「実行支援」の大きく3つに分けられます。

企業の経営などにおける悩みや現状を把握・分析し、課題に対する解決策を提示し、その解決策を実行することがコンサルティング業務の一連の流れです。

ただし、クライアントによってコンサルタントの仕事内容はさまざまです。

コンサルタントが主導して定例報告やプレゼンテーションをして密に関わるケースや、クライアントリードで必要な場合にのみ相談を受けるケースなどがあります。

ひとえにコンサルタントと言っても仕事内容は大きく異なり、クライアントの数だけコンサルタントのやり方があると言えるでしょう。

コンサルタントの仕事がきついと言われる理由

コンサルタントの仕事はしばしば、きついと言われることがあります。

ここからは、なぜコンサルタントの仕事がきついと言われるのかを解説していきます。

これからコンサルタントになることを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【 コンサルタントの仕事がきついと言われる理由 】
  • 労働時間が長い
  • 責任に対するプレッシャーがかかる
  • 地道で大変な作業が多い
  • 幅広く深い知識やスキルが必要

労働時間が長い

コンサルタントは一般的に、労働時間が長くなる傾向があると言われています。

一般的に、コンサルティング業務に加えてクライアント対応をしなければならず、業務量が全体的に多くなるケースがあります。

多くの業務をこなすために残業や休日出勤が必要になることがあるため、一般的にコンサルタントの労働時間は長い傾向にあるのです。

責任に対するプレッシャーがかかる

コンサルタントはその仕事柄、責任やプレッシャーがかかることが多い職業です。

クライアントの経営方針など、非常に重要な局面に携わることが多くあります。

自分の上司だけでなくクライアントからも結果を求められるため、コンサルタントの仕事には大きな責任やプレッシャーがかかると言えるでしょう。

地道で大変な作業が多い

コンサルタントの仕事は、キラキラしたイメージを持たれがちですが、意外にも地道で大変な作業が数多くあります。

プレゼンテーションや会議の場での交渉など、華やかなイメージの業務は上の役職の人が行うことがほとんどで、アナリストなどのコンサルタントになりたての役職では、資料作成や分析など地道な作業を行う場合が一般的です。

業務自体は地道な作業が多いものの、資料の作成・アウトプットはコンサルティングにおいて非常に重要な作業であるという点を理解しておきましょう。

幅広く深い知識やスキルが必要

コンサルティングによって企業の悩みを解決するためには、幅広く深い知識とスキルが必要です。

業務を遂行する上で、コンサルティングの基礎知識に加えてクライアントの業界についても理解していなければなりません。

コンサルタントとして活躍するためには多くの知識・スキルが求められるため、コンサルタントの仕事をきついと感じる人が多くいるのです。

コンサルタントの仕事がきついと感じた時の対処法

コンサルタントの仕事は大変な場面が多く、仕事がきついと感じる人は少なくありません。

「体力面」と「精神面」の2つの負担に分類して、それぞれ負担を感じた時の対処法をあわせて紹介します。

「体力面」での対処法

仕事における拘束時間が長い場合、体力面での負担を感じることがあります。

残業などが多く休みが取れず負担を感じている人は、なぜ仕事に多くの時間がかかっているのかを見直してみましょう。

例えば、携わっているクライアントの業界や今の業務範囲が自分の苦手な分野であるケースがあります。

苦手な分野を担当することで生産性が上がらず、作業に時間がかかってしまっている可能性が考えられます。

効率良く仕事を進めている先輩などのやり方を取り入れてみたり、方向性の相談を随時行ったりして自分の仕事の進め方を見直してみると良いでしょう。

「精神面」での対処法

コンサルタントの仕事を始めたばかりの人は、周りの優秀な同僚や上司と比べてしまい、精神面で負担を感じるケースがあります。

他にも精神面での負担を感じやすい場面として、企業の業績に直結する経営や戦略に携わるコンサルティングを行う場合が挙げられます。

コンサルタントは仕事柄、精神面での負担を感じることが少なくありません。

周りの人と比べてストレスを感じてしまう場合は環境を変えたり、業務でのプレッシャーが大きすぎる場合は担当する業務内容の変更を上司に相談したりして負担を軽減させていくと良いでしょう。

コンサルタントにおすすめの転職先

コンサルタントは、一定の知識やスキルが必要な職業です。

スキルを活かしてコンサルタントの仕事を進めてきた人は、転職してもそのスキルを存分に活かすことができます。

ここからは、コンサルタントにおすすめの転職先を3つ紹介します。

【 コンサルタントにおすすめの転職先 】
  • フリーランスのコンサルタント
  • 他社のコンサルタント
  • コンサルタントとして経験のある業界

フリーランスのコンサルタント

コンサルタントとして経験を積んできた人は、フリーランスのコンサルタントとしても活躍できるでしょう。

自身の知見や経験、獲得したスキルを活かし、プロフェッショナルとしてフリーランスに転身することはおすすめのキャリアパスの一つです。

フリーランスになる際には、フリーランス向けの案件マッチングサービスを利用することがおすすめです。

サービスを利用することで案件受注などのサポートが受けられるため、仕事を継続して行く上で大きなメリットがあるでしょう。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

他社のコンサルタント

キャリアアップや仕事環境の改善などを目的として、他社のコンサルタント会社へ転職するケースは多くあります。

コンサルティング業界にはさまざまな分野があり、経営戦略コンサルティングやITコンサルティング、中小企業コンサルティングなど数多くの種類があります。

転職して興味がある分野に挑戦するのは、コンサルタントのキャリアパスの一つと言えるでしょう。

コンサルタントとして経験のある業界

コンサルタントの転職では、今までコンサルタントとして携わってきた業界に転職するケースは少なくありません。

例えば、ITコンサルタントとして働いてきた場合には、IT業界へ転職するといったイメージです。

コンサルタントにおいては、クライアントの業界への深い理解が求められます。

コンサルタントとして経験した業界であれば、業界の知見や経営戦略などのノウハウを持っているため、転職先として適していると言えるでしょう。

コンサルタントの仕事がおすすめの理由

コンサルタントの仕事は決して楽な仕事ではなく、責任やプレッシャーなどで負担を感じることが少なくありません。

しかし、コンサルタントの仕事にはメリットが多くあり、自身のキャリアアップやスキルアップに重要な経験を得られる仕事でもあります。

ここからは、コンサルタントの仕事がおすすめである理由を4つ紹介していきます。

【 コンサルタントの仕事がおすすめの理由 】
  • 年収が上がりやすい
  • キャリアの幅が広がる
  • 企業の経営陣や上層部と仕事ができる
  • 実力主義の中で、切磋琢磨することができる

年収が上がりやすい

コンサルタントは、年収が上がりやすいと言われる職業です。

実際、平均年収は690万円ほどであり、他の職業と比べて非常に高い年収を狙える職業だと言えます。

マネージャーやディレクター、パートナーと役職が上がっていけば更なる年収アップも夢ではありません。

高い年収を狙えるため、給料面を重視する人にとってコンサルタントはおすすめの仕事だと言えるでしょう。

キャリアの幅が広がる

コンサルタントは、幅広い知識やスキルが求められる職業です。

コンサルティングにおいて必須となる基礎スキルの他にも、クライアントの業界への知見なども深めなければなりません。

業務をする中でさまざまな業界の知識・スキルや、マネジメントスキルなどを学ぶことができるため、キャリアの幅が広がりやすい職業と言えます。

未経験だとしても、幅広い業界、業種に転職しやすい知識・スキルを身につけられることがコンサルタントとして働くメリットです。

企業の経営陣や上層部と仕事ができる

コンサルタントの大きな特徴は、企業の経営陣や上層部と仕事ができるという点です。

若いうちから上層部や優秀な人と仕事ができる機会が多いため、人脈作りや経営のやり方を間近で学ぶことができます。

ビジネスパーソンとしての成長だけでなく、人としての成長や人生における経験を得られる仕事であることが、コンサルタントの大きなメリットです。

実力主義の中で、切磋琢磨することができる

コンサルティング会社は一般的な企業に比べて、実力主義な社風である場合が少なくありません。

実力がモノを言う場所に身を置くことで、社内で切磋琢磨していくことができます。

業務で結果を出すことや、実力をつけなければならない環境でプレッシャーが大きくなってしまうことが多いものの、自身の成長にとっては非常に価値ある経験になるでしょう。

まとめ

コンサルタントは負担やプレッシャーのある大変な仕事ですが、その反面、自身の大きな成長やキャリアを積めるメリットが多い仕事でもあります。

コンサルタントとして働いていて、仕事や職場に大きな負担を感じている人は、ぜひ紹介した対処法やおすすめの転職先を参考にしてみてください。

フリーランス専門の案件マッチングサービスを展開する「MICHINORI」」では、フリーランスのコンサルタントに向けた案件紹介や継続的なサポートを行っています。

運営メンバーは、数多くのフリーランスとの協業経験があり、フリーランスコンサルタントの悩みに対して最適なアドバイスを提供可能です。

コンサルタントとしてフリーランスへの転身を目指す人は、ぜひ「MICHINORI」のサービスをチェックしてみてください。

関連記事

人事コンサルタントは激務?仕事内容や将来性を解説!

関連記事

コンサルタントはなぜ人気が高いのか?人気の理由とキャリアパスを解説

関連記事

ビジネスコンサルタントとは?その種類や仕事内容、年収などを紹介