フリーランスになるには?おすすめのスキルやなり方を解説

突然ですが、フリーランスとして働くことを考えているみなさん、

「フリーランスって、どんな働き方をしていてどんなリスクがあるのだろう?」      

「未経験でもフリーランスになれるのだろう?」   

という疑問をお持ちではありませんか?  

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • フリーランスのメリット・デメリット
  • フリーランスになる方法・手順
  • 未経験の人におすすめのスキル

の順番に解説していきます。

現在、会社員や公務員として働いているけれど、フリーランスとして新しく活動してみたいと考えている人には役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

フリーランスについて

フリーランスとは?

フリーランスとは、特定の企業や組織に属し従業員として働くのではなく、個人で仕事を契約して働くことをいいます。

フリーランスと一口に言っても、働き方の種類は豊富であり、Webサイトに掲載する記事を執筆する「Webライター」や、Webサイトのデザインを仕上げる「Webデザイナー」、コンサルティングファームを経由せず、自分で案件を取り行う「フリーランスコンサルタント」などさまざまです。

特定の企業に雇用されることなく働くことができるので、場所や時間に縛られることもなく自由な働き方ができる点が特徴です。

したがって、個人のペースで仕事を進めていきたいという人にオススメの働き方であるといえるでしょう。

また、自分の得意分野を最大限に活かした働き方ができ、仕事をする分だけ収入が増えるので、働くことに対してのモチベーションアップにつながります。

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスと個人事業主の違いについて知っていますか?

両者は「企業の従業員としてではなく個人で仕事をしている」という点では似ています。

しかし、個人事業主は税務署に「開業届」を出し、事業を継続的に営んでいる人を指します。

「税務上の区分」としては法人を持たず、個人で独立して働く人のことを指します。

一方でフリーランスは、個人で仕事を契約したり、依頼を受けたりと特定の企業に雇用されることなく仕事を請け負う「雇用形態」を指します。

フリーランスのメリット4選 

増加し続けているフリーランスですが、なぜここまで人気なのでしょうか?

フリーランスのメリットについて紹介します。

好きな時間・場所で働くことができる

まず、フリーランスとして働く大きなメリットとして、好きな時間や場所で働くことができるという点が挙げられます。

業種によっては全ての業務をリモートでこなすことができ、時間に縛りもなく生活スタイルに合わせて仕事ができます。

融通が利くので、生活の中心を仕事に当てることが難しい人でも無理なく働くことができるでしょう。

子育て中の人や、副業を探している人にも合っています。

自分の得意を活かすことができる 

フリーランスのメリットとして、自分の得意分野で活躍することができる点も挙げられます。

一口にフリーランスと言っても、Webライターや動画編集者、コンサルタントなど幅広い分野があります。

活かしたい特定の能力がある人にはピッタリな働き方であると言えるでしょう。

高年収を目指すことができる

フリーランスの収入は、自分の実力や稼働時間によって大きく左右されます。

自分次第で飛躍的に年収を上げることができる点は、フリーランスの大きなメリットといえます。

なかなか年収を急激に上げることが難しい会社員や公務員が多いなかで、フリーランスは成果や作業時間によって高収入を狙いやすいといえます。

これは、仕事に対するやりがいやモチベーションアップにもつながるでしょう。

対人関係の悩みが減る

フリーランスは、一緒に働く同僚や上司がいないため、対人関係の悩みを大きく減らすことができます。

顧客や人脈獲得の際のコミュニケーションは避けられませんが、気の進まない社員旅行や飲み会などのイベントが無くなることを大きなメリットと感じる人もいるでしょう。

また、上司の圧力により定時に帰れず残業をしなければならないという場面に遭遇することも無くなります。

その分、スケジュールや仕事の管理は自分ですることになるので、一人でも着実に仕事ができる人には向いている働き方となるでしょう。

フリーランスはやめたほうがいい?デメリット4選

さて、自由でモチベーションを保ちながら働くことができるフリーランスですが、注意点はあるのでしょうか?

フリーランスのデメリットについて紹介します。

自己管理が必要になる

フリーランスで働く上で不可欠となる能力に「自己管理能力」があります。

フリーランスで働くとなると、管理をしてくれる会社や上司に頼ることなく、全てのタスクを自分で管理する必要があります。

また、働く時間も決まっていないことがほとんどなので、生活が不規則になる可能性や、仕事が溜まってしまうリスクがあります。

自分のことは全て自分で管理できる自信がない人には向かない働き方となります。

自分で案件を確保する必要がある

フリーランスの難しい点は、案件を自分の力で確保する必要があることです。

会社勤めのサラリーマンのように、会社で決められた仕事を行い、給料日になると所定の給料が入るなんてことはありません。

自由な働き方ができる反面、自分から動かないと仕事が見つからないという難点があります。

フリーランス向けのエージェントやクラウドソーシングを利用し、積極的に案件を獲得していきましょう。

収入が不安定になる

先ほど、フリーランスは自分で案件を獲得する必要があると紹介しましたが、それに伴って収入は案件の単価や数に依存することになります。

フリーランスは自由な時間に働くことができ、自分次第で年収を上げることもできますが、反対に良い案件が取れないと年収が下がってしまいます。

社会的信用が乏しくなる

フリーランスは、会社に所属していないため、社会的な信用が低い傾向にあります。

信用が必要な契約やサービスの利用時には、審査などに影響が出る可能性があるので、注意が必要です。

その様な場合は、親族に代理で御願いをしたり、複数のサービスを検討したりなど、対策が必要となることがあります。

フリーランスへのなり方とは?

フリーランスになろうと思っても、具体的に何から始めたら良いのでしょうか?

以下でフリーランスへのなり方について紹介します。

案件探し

フリーランスになるにあたって、案件がなければ始まりません。

まずは案件探しから始めましょう。

フリーランス向けのエージェントやクラウドソーシングを利用すれば初めてでも案件を探しやすいのでまずは登録をしてみてください。

また、知人からの紹介やある程度の実績ができたら、SNS・ブログを使った営業活動に挑戦してみましょう。

保険や年金の手続き

会社勤めからフリーランスになるにあたって、保険や年金の切り替えが必要になります。

保険は会社の健康保険から国民健康保険に切り替えましょう。

前の会社を退職する際に必要書類をもらい、退職後すぐに手続きを行ってください。

また、年金は厚生年金から国民年金に切り替えましょう。

必要書類をそろえる

開業届や所得税の申告書をそろえましょう。

開業届は、フリーランスに不可欠なものではありませんが、確定申告の際に青色申告で最大65万円までの控除を受けられたり、個人事業主としての証明になったりとメリットがいくつかあるため税務署に提出することをオススメします。

フリーランスになるためのおすすめスキル3選

ではここで、フリーランスになるためにおすすめのスキルを紹介します。

Webマーケティングスキル

Webマーケティングスキルといってもさまざまなものがありますが、一例としてSNS運用では、InstagramやTikTokなどのSNSの運用を代行し、マーケティングを行いフォロワーを増やし、企業や組織の宣伝をします。

主な仕事内容は、アカウント作成や投稿を考える、企画を立案するといったアカウントの運用です。

現在、SNSは誰もが利用するツールですが、専門的な知識を持って運用している人は少ないです。

SNSに関する専門的な知識を身に付け、Webマーケティングを仕事にしてみましょう。

動画編集スキル

動画編集は需要が高く、動画市場は年々伸びてきています。

また、人手不足でもあるため経験の浅いフリーランスでも案件を獲得しやすくなっています。

まずはどのような動画編集ソフトがあるのかを調べ、ソフトを使いながら動画編集をする技術を身に付けましょう。

独学で学ぶこともでき、独学に自信がないのであれば動画編集スクールに通いながらスキルを身に付けることもできます。

コンサルティングスキル

コンサルティングスキルは、比較的難易度の高いスキルですが、本格的に身に付けると高い年収が期待できるのでおすすめのスキルです。

特定の分野に対する知識を身に付け、企業の課題解決や新しい発見に貢献しましょう。

一口にコンサルタントといっても、分野はITやWeb、経営などさまざまです。

深い知識を身に付け、高収入のコンサルタントを目指しましょう。

まとめ

フリーランスで働くメリットやデメリット、働き方についてイメージは湧きましたか?

自由な場所や時間に働くことができ、自分次第で高収入を目指せる働き方である一方、自己管理や社会的信用の獲得など難しい面もあるでしょう。

そんなフリーランスの働き方のサポートをしている「MICHINORI」というサービスがあります。

MICHINORIでは、フリーランスのコンサルタントに向けて、豊富な案件紹介だけでなく、元々フリーランスのコンサルタントとして活躍してきたメンバーが、経験から得た知見も交えながらフリーランスになる段階からサポートすることが可能です。

気になる人は、ぜひ無料会員登録を行って気軽に相談してみてください。

関連記事

ITコンサルタントがフリーランスとして独立する方法は?年収も紹介

関連記事

フリーランスのコンサルタントになるには?年収を高めるコツも紹介

関連記事

フリーランス・個人事業主も労災保険に加入できる?加入の流れも紹介