女性フリーランスは増えている?人気の理由や仕事の始め方について

「女性フリーランスには、どのようなメリット・デメリットがあるのだろうか?」

「女性フリーランスとして働きたいのだが、どのような仕事をしたら良いだろう?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • 女性フリーランスの現状
  • 女性フリーランスが人気の理由
  • 女性フリーランスにおすすめの仕事一覧

の順番に解説していきます。

女性フリーランスの現状や具体的な仕事を紹介するので、女性フリーランスに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもフリーランスとは?

そもそもフリーランスとは、「法人や個人と自由に業務委託契約を交わし、自身のスキルを活用して働く人」を指します。

特定の企業に属さず独立しているということが、フリーランスの働き方の特徴です。

厳密には、「フリーランス」という言葉は法令上の用語ではなく、定義に関しても厳密に決められているわけではありません。

フリーランスの働き方について、非常に多様性に満ちたものだと捉えられています。

女性フリーランスの現状

昨今、多様な働き方の拡大によって、男女問わずフリーランスとして活動する人が増えてきています。

特に女性は、ライフワークバランスの観点などから、フリーランスとして活動する人や、フリーランスを目指したいと考える人は少なくありません。

ここからは、フリーランス協会が発表している「フリーランス白書」を参考に、女性フリーランスの現状を見ていきましょう。

参考:フリーランス協会『フリーランス白書2022』

フリーランスにおける女性の割合

フリーランスとして働く女性の割合は、50.3%です。

フリーランスの男女比は、ほぼ半々で男女問わずフリーランスとして活動していることが分かります。

女性フリーランスの年齢分布

フリーランスとして仕事をする男女全体の年齢分布は、40代以上が67%という結果が出ています。

それぞれの年代別に見ると、20代が5.0%、30代が28.2%、40代が36.4%という分布です。

30〜40代の、いわゆる「働き盛り」の世代がフリーランスとして活躍していることが分かるでしょう。

女性フリーランスの収入

フリーランスは、会社員と違って案件ごとに報酬をもらう形態が多い傾向にあります。

そのため、月によって収入が大きく変動するケースも少なくありません。

フリーランス協会がアンケート調査した結果によると、年収200万円未満が21.8%、200~400万円が29.4%という数字が出ています。

さらに、400万円を超える割合は46.2%で、そのうち8.8%の人が1,000万円を超えると回答しています。

女性フリーランスの勤務時間

フリーランスとして働く人は、その勤務時間もさまざまです。

月間平均就業時間を調査した結果では、約半数の人が140時間以上のフルタイムに値する時間を労働に充てていることが分かっています。

月間20~60時間未満の人は15.6%、月間60〜100時間未満の人は12.6%と、一般的な会社員やフルタイム労働よりも少ない労働時間の人も一定数います。

女性フリーランスが人気の理由

最近では、フリーランスを目指す女性が増えている傾向にあります。

フリーランスを目指すためのスクール等も充実しており、フリーランスを目指しやすい環境が整いつつあることも現状です。

では、なぜ女性にとってフリーランスが人気なのかを見ていきましょう。

【女性フリーランスが人気の理由】
  • 勤務など柔軟なスタイルで働くことができる
  • 家事や育児と両立しやすい

在宅勤務など柔軟なスタイルで働くことができる

フリーランスの大きな特徴として、働き方を自由に選択できるということが挙げられます。

個人で活動し自由に契約を取って活動するため、在宅勤務をメインとした柔軟な働き方を実現しやすいのです。

また、会社に勤める場合と違って、一緒に働く人を選びやすいこともフリーランスが人気である理由の一つです。

契約先を自分で決められるフリーランスだからこそ、人間関係に縛られずに仕事をすることができます。

家事や育児と両立しやすい

フリーランスが女性に人気である大きな理由として、家事や育児との両立がしやすいことが挙げられます。

フリーランスは、在宅勤務がメインだったり時間制約がない勤務だったりする場合がほとんどです。

そのため、家事や育児のスキマ時間に仕事を進めることができます。

家にいながら仕事ができることや、時間の融通が取りやすいことは、働く女性にとって非常に大きなメリットと言えるでしょう。

女性がフリーランスになると後悔する?そのデメリット

女性フリーランスが人気を集めるなか、「フリーランスになって後悔しないだろうか」と不安に思う人は少なくないでしょう。

ここからは、女性がフリーランスになるデメリットを解説していきます。

後悔のないキャリアを築くために、フリーランスのデメリットにもしっかりと目を通しておきましょう。

【女性フリーランスが感じるデメリット】
  • 福利厚生がない
  • 多くの事務処理が発生する
  • 収入が安定しない
  • 人間関係が少なく、孤独を感じやすい

福利厚生がない

企業の福利厚生では、結婚や出産などにおけるサポートが行われます。

対して個人で働くフリーランスには福利厚生がないため、「後悔した」という声は少なくありません。

しかし、手厚い福利厚生を受けるより、柔軟な働き方で子どもと触れ合う時間を作れる方がメリットだと感じている女性も多くいます。

どちらをメリットと感じるかを自分の中で確かめてみてから、フリーランスになるかどうかを決めると良いでしょう。

多くの事務処理が発生する

個人で契約を獲得して働くフリーランスは、契約書などの事務処理を自分でやらなければいけません。

特に大きな負担となるのは確定申告でしょう。

専門的な知識が必要になるため、確定申告で苦戦するフリーランスは少なくありません。

負担となる事務処理をこなすため、近年はパソコンやアプリで入力すれば確定申告用の事務書類を簡単に作成できるソフトが数多く販売されています。

システム等を有効活用すれば、事務作業の負担が少なくなるでしょう。

収入が安定しない

フリーランスの大きなデメリットの一つに、収入が安定しないことが挙げられます。

フリーランスは、案件ごとに報酬をもらうケースが多く、その月の成果によって収入が大きく変動します。

また、終身雇用でもないため、契約が切れる不安を感じる場合があります。

それでも、フリーランスは案件を行った分だけの収入が入るため、会社員時代より高い収入を目指せる可能性があると言えます。

人間関係が少なく、孤独を感じやすい

在宅で作業を進めていくような働き方の場合では、特に孤独を感じやすくなります。

会社員のように、毎日複数人のメンバーと顔を合わせる機会に乏しいため、孤独を感じている女性フリーランスは少なくありません。

最近では、SNSを通じてフリーランス同士でコミュニケーションを取ったり、サロンやスクール内で交流したりする人が増えてきています。

フリーランスで活動する際は、交流の場を活用してみると良いでしょう。

未経験や無資格、スキルなしでも始めやすい!女性フリーランスにおすすめの仕事一覧

フリーランスとして働く人の中には、さまざまな業界・職業で働く人がいます。

ここからは、経験やスキル、資格がなくても始めやすい仕事を紹介します。

これからフリーランスを目指したい女性は、ぜひ参考にしてみてください。

【女性フリーランスにおすすめの仕事】
  • 家事代行
  • 事務職
  • コラムなどのライター・編集者
  • 電話対応

家事代行

特に女性が活躍できる仕事として、家事代行サービスがあります。

家事代行とはその名の通り、掃除や洗濯、料理などの家事を代わりに請け負う仕事です。

家事代行サービスを行う企業に登録すれば、自身で営業などをせずとも仕事を始められるため、初めての人でも挑戦しやすい仕事と言えます。

事務職

フリーランスとして事務職を行う女性は、数多く存在します。

特に、マルチタスクや丁寧な仕事を得意とする女性は、自身が持つ能力を発揮しやすい仕事と言えます。

事務職関連の案件は多く、在宅で対応しやすい仕事なので、フリーランスとしての第一歩として挑戦しやすいでしょう。

コラムなどのライター・編集者

ライターや編集者は、フリーランスの中でも特に多い職業です。

ライターは、契約している企業などから受注した内容に沿って、コラム記事を書き上げます。

ライターや編集者など、Webメディアに関わる仕事は数多く、スキルや経験がなくてもできる案件が多くあります。

また、在宅で好きな時間に作業できる仕事内容がほとんどであるため、フリーランスの中でも非常に自由度の高い仕事と言えるでしょう。

電話対応

フリーランスで電話対応の仕事を請け負っている人も、最近では数多く存在します。

会社のコールセンター業務とは異なり、顧客のケアや営業アシスタントとして電話対応を行うといった内容の案件は増えてきています。

電話でコミュニケーションを取ることができれば、資格やスキルはなくても案件をこなせるため、初めてでも挑戦しやすい仕事です。

未経験でも挑戦できますが、コールスタッフや接客の経験がある場合は、そのスキルを活かして仕事に貢献できるでしょう。

経験者におすすめの女性フリーランスの仕事一覧

コンサルタント

コンサルタントは、経営や領域に特化した専門知識を活かしてクライアントに助言し、課題解決を支援していきます。

コンサルタントの経験や業界に特化した経験がないと、フリーランスのコンサルタントとして、案件を獲得することや案件参画後に活躍すること自体が困難になります。

しかし、コンサルティングファームや専門領域での経験がある場合、それらの経験や培った人脈を活かして、案件を獲得し、案件でパフォーマンスを出すことができます。

また、近年ではフリーランスのコンサルタントの需要が増えているため、経験者には有利な環境といえるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは、ウェブサイトやアプリなどのデザインを制作します。

色彩感覚やクリエイティブな表現力が高い女性は多く、Web制作会社などでの経験があると、さらに案件の獲得がしやすくなります。

場所にとらわれず仕事ができ、自身のアイデアを形にできる点が魅力です。

ITエンジニア

ITエンジニアの具体的な仕事内容は、ソフトウェアやシステムの開発・保守などを担当します。

ITエンジニアは、自身の持つIT技術・スキルがとても重要なため、会社員としてIT関連の技術・スキルを一定の水準まで高めることによって、フリーランスになってからも活躍することができます。

まとめ

フリーランスという働き方は、現代を生きる女性にとって非常に適しています。

自分の時間や育児の時間などを確保しながら、自由に仕事ができるため、今の働き方に不満がある人は、ぜひフリーランスの働き方について学んでみると良いでしょう。

MICHINORI」では、フリーランスのコンサルタントに向けた案件紹介やサポートを行う、専門サービスを提供しています。

加えて、コンサルタントとクライアント双方が安心して仕事を発注・受注できるための支援を行い、継続的な活躍をサポートします。

これからフリーランスを目指す人や、フリーランスとして長く活躍したいと考えている人は、ぜひ「MICHINORI」の無料会員登録からサポートについてチェックしてみてください。

関連記事

職業別フリーランスの年収相場は?年収を上げるコツも紹介

関連記事

労働安全衛生法とは?改正の可能性による個人事業主への影響を簡単に解説

関連記事

フリーランスが求人サイトを利用するポイントは?案件探しのコツも紹介