大手コンサルティング会社の特徴とは?日本や外資に分けて解説!

「大手のコンサルティング会社といえばどこ?」
「コンサルティング会社ごとにどんな違いがあるの?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • 大手コンサルティング会社とは?
  • 日本の大手コンサルティング会社一覧
  • 外資系の大手コンサルティング会社一覧
  • 大手コンサルティング会社以外のおすすめキャリア

の順に解説します。

大手コンサルティング会社への転職に興味がある人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

大手コンサルティング会社とは?

大手コンサルティング会社は、国内外のさまざまな企業に対して経営戦略や業務プロセスの改善、組織改革などの支援をおこないます。

大手のコンサルティング会社のクライアントは大企業がメインであり、大規模な案件を扱うケースが多くあります。

また、大手のコンサルティング会社は海外にも複数拠点を置いているため、グローバル案件に携わることもできるでしょう。

BIG4のコンサルティングファームとは?

大手コンサルティング会社について調べていると「BIG4」というキーワードを目にすることも多いでしょう。

BIG4とは、世界の4大会計・監査事務所グループにおけるコンサルティング会社の総称です。

具体的には以下4社を指します。

  • デロイト トーマツ コンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング
  • KPMGコンサルティング

BIG4に属する4社はいずれもグローバルにコンサルティング・アドバイザリー業務を展開する大規模な企業です。

会計・監査事務所グループならではの専門ノウハウを生かし、企業の経営や財務、税務など幅広い分野のコンサルティングサービスを提供しています。

大手コンサルティング会社でのキャリアを積みたい人は、BIG4への転職も検討しておきましょう。

日本の大手コンサルティング会社一覧

日本における大手コンサルティング会社として有名な企業は以下の6社です。

  • 日本IBM
  • アビームコンサルティング
  • 野村総合研究所(NRI)
  • 日立コンサルティング
  • クニエ
  • NTTデータ経営研究所

国内のコンサルティング会社へ転職を考えている人は、本章に記載している企業の情報をチェックしてみてください。

日本IBM

日本IBM(アイ・ビー・エム)は、有限会社APHの100%子会社です。

APHはアメリカのテクノロジー関連企業IBMの100%子会社であるため、日本IBMは孫会社にあたります。

日本IBMはもともとIT企業としてSI事業を中心に展開していました。

2010年のIBMビジネスコンサルティングサービスとの統合以降、IT領域のコンサルティングやサポートもおこなっています。

アビームコンサルティング

アビームコンサルティングは「日本発、アジア発のNo.1グローバルコンサルティングファーム」を掲げる大手コンサルティング会社です。

「総合力」を強みとして、幅広い範囲のコンサルティングを提供しています。

特にIT・テクノロジー領域のコンサルティングが得意で、IoT、AI、メタバース、XRなど最先端の技術の導入支援を積極的におこなっています。

野村総合研究所(NRI)

野村総合研究所(NRI)は、日本で最初の民間シンクタンク「野村総合研究所」と「野村コンピューターシステム」の合併により誕生したIT企業です。

民間企業や官公庁へのコンサルティングを強みとしており、金融・流通・製造・サービス業などさまざまな機関・企業へサービスを提供しています。

日立コンサルティング

日立コンサルティングは2002年に設立された日本の大手電機メーカー「日立製作所」の100%子会社です。

日立グループならではの社会インフラの実績とノウハウ、そして高度なITを組み合わせ、国内外の企業へ幅広くコンサルティングをおこなっています。

クニエ

クニエはNTTグループのコンサルティングファームとして2009年に設立された会社です。

国内に4か所、海外に10か所の拠点を置き、グローバルにコンサルティングサービスを展開しています。

「国民の公益に資する心」「日本経済への貢献心」の志のもと誕生したコンサルティング会社で、日本企業や社会への貢献を目指しています。

さまざまな産業における業務プロセスや製品・サービス開発を支援するビジネスコンサルティングが強みです。

NTTデータ経営研究所

NTTデータ経営研究所は、NTTデータの子会社として設立されたコンサルティング会社です。

SI企業のグループ会社でありながらも、ITコンサルティングより戦略系コンサルティングに強みを持つことが特徴です。

政府・官公庁や金融機関など社会インフラを支える機関・企業の経営戦略コンサルティングを中心に提供しています。

関連記事:日系コンサルティング会社とは?おすすめの会社一覧も紹介

外資系の大手コンサルティング会社一覧

外資系大手として有名なコンサルティング企業は以下の6社です。

  • デロイト トーマツ コンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • アクセンチュア
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー

外資系コンサルティングファームへの転職に興味がある人は、本章を転職先選びの参考にしてみてください。

デロイト トーマツ コンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティングは、イギリス・ロンドン発祥の会計事務所であるデロイトグループのコンサルティング会社です。

世界の4大会計・監査事務所グループBIG4の1つで、国内外を含め100箇所以上の拠点があります。

会計事務所ならではの実績・ノウハウを生かし、税務・財務・監査領域まで包括的なコンサルティングを提供できるのが強みです。

PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、世界151カ国に拠点を置き、世界で約36万4,000人のコンサルタントを抱える「プライスウォーターハウスクーパース(PwC)」のグループ会社です。

デロイト トーマツと同様BIG4と呼ばれており、戦略コンサルティングを得意としている総合系コンサルティングファームです。

PwCならではのグローバルなネットワークが強みで、国内外の企業の成長戦略・エコシステム戦略、デジタルストラテジーなど幅広くコンサルティングをおこなっています。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

EYストラテジー・アンド・コンサルティングはデロイト トーマツ、PwCと同じくBIG4の一角を占めるアーンスト・アンド・ヤングのコンサルティング会社です。

世界に150以上の拠点を持ち、それぞれ以下3つのエリアに分かれてコンサルティングサービスの提供をしています。

  • Americas(北・中・南米)
  • EMEIA(欧州、中東、インド、アフリカ)
  • Asia-Pacific(アジア・パシフィック)

セクター別の専門チームでプロジェクトを遂行しており、金融・医薬医療・TMT・社会インフラなど幅広い企業の課題解決に取り組んでいます。

KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングも、BIG4を構成する会計事務所グループコンサルティング会社の1つです。

事業変革、リスク&コンプライアンス、テクノロジートランスフォーメーションの3分野それぞれにおいて、高度な知識とスキルを持つコンサルタントがクライアント企業をトータルサポートしています。

アクセンチュア

アクセンチュアは、世界的にも有名な大手外資系コンサルティング会社の1つです。

アイルランドのダブリンを本拠地とし、世界49カ国、200都市以上に拠点を置いている大規模なコンサルティングファームです。

以下5つの領域において、ハイレベルな専門性を持つコンサルタントチームが世界中のクライアント企業を支援しています。

  • ストラテジー & コンサルティング
  • テクノロジー
  • オペレーションズ
  • インダストリーX
  • アクセンチュア ソング

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーも、アクセンチュアと同じく世界規模の外資系コンサルティングファームです。

現在世界90以上の拠点を置き、グローバルにサービスを展開しています。

戦略系コンサルティングファームとしてトップクラスのコンサルタント数を抱え、経営戦略やM&Aのコンサルティングに強みを持っています。

関連記事:外資系コンサルタントとは?人気の理由や仕事内容・年収などを紹介

大手コンサルティング会社以外のおすすめキャリア

コンサルタントとしてのキャリアを積むには、大手コンサルティング会社への転職以外にも以下のような選択肢があります。

  • ベンチャーのコンサルティング会社
  • フリーランス

本章では大手コンサルティング会社以外のおすすめキャリアを紹介します。

コンサルタントとして経験を積みたいと考えている人は参考にしてみてください。

ベンチャーのコンサルティング会社

大手だけでなく、ベンチャーのコンサルティング会社への転職も1つの選択肢です。

ベンチャーのコンサルティング会社は少数精鋭であることも多く、大手よりも裁量を持って働けるのがメリットです。

コンサルタント1人あたりの責任や担当業務のウェイトが大きいため、やりがいを感じやすい人もいるでしょう。

モチベーションを高く持ちたい人や、幅広い業務のスキルを身につけたい人におすすめです。

フリーランス

柔軟な働き方を希望している人や、自分の専門分野に絞って案件を受けたい人は、フリーランスとして独立するのも良いかもしれません。

フリーランスのコンサルタントは勤務時間、場所を自由に調整できるため、プライベートとのバランスが取りやすいでしょう。

また、自分が受けたい案件を選べて、スキルやコミット量次第で高年収を目指しやすいのもフリーランスならではのメリットです。

おすすめの案件マッチングサービス"MICHINORI"

まとめ

本記事では大手のコンサルティング会社について、日系・外資系に分けて紹介しました。

コンサルティング会社によって強みや特徴が異なるため、自分の経験やスキルを生かせる転職先を探してみてください。

また、コンサルタントとして活躍したい人は、大手だけでなく、ベンチャーのコンサルティン会社やフリーランスのコンサルタントも検討してみましょう。

「MICHINORI」では、フリーランスのコンサルタント向けの案件紹介やキャリア相談などの活躍サポートを実施しています。

フリーランス経験の豊富な運営メンバーが在籍しており、フリーランスコンサルタントならではの悩みや不安を相談することも可能です。

コンサルタントとしてキャリアアップを考えている人や独立を検討している人は、ぜひ「MICHINORI」の無料会員登録をしてみてください。

関連記事

ビジネスコンサルタントとは?その種類や仕事内容、年収などを紹介

関連記事

コンサルタントはなぜ人気が高いのか?人気の理由とキャリアパスを解説

関連記事

コンサルタントの役職名と役職ごとの仕事内容や年収について紹介