日系コンサルティング会社とは?おすすめの会社一覧も紹介

「日系コンサルティング会社には、どんな特徴があるの?」

「日系コンサルティング会社の強みは何だろう?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • コンサルティング会社とは
  • おすすめの日系コンサルティング会社一覧
  • 日系コンサルティング会社のメリット・デメリット

の順番に解説していきます。

日系コンサルティング会社の働き方について知りたい人に役立つ記事になっているので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルティング会社とは?

始めに、コンサルティング会社とは何かを解説していきます。

コンサルティング会社は、クライアントとなる企業の課題や悩みについて、伴走者として助言やアドバイスなどを行うことで課題解決に導く目的を持つ企業です。

そして、コンサルティング会社は大きく日系と外資系に分かれています。

ここからは、日系と外資系のコンサルティング会社の特徴などについて紹介します。

日系のコンサルティング会社

日系では、中小企業へ向けたコンサルティングも行う会社であることが特徴です。

クライアントとは顧問契約を結び、定期的に訪問したり経営相談を聞いたりして、現場に深く入りこんだ細やかなコンサルティングを行います。

また、コンサルティング業界は実力主義と言われますが、教育プランを確立して長期的に人材を育てる風土がある企業が多いことや、年功序列を採用している場合が多いことが特徴です。

外資系のコンサルティング会社

外資系のコンサルティング会社は、基本的に「Up or Out」と言われ、昇進か退職かというような実力が物を言う風土が根強くあります。

また、外資系のコンサルティング会社は非常に大きな組織であることがほとんどです。

そのためクライアントは大企業であることが多く、一つの案件に対して複数のコンサルタントがチームで請け負うことが一般的です。

おすすめの日系コンサルティング会社一覧

ここからは、おすすめの日系コンサルティング会社10社を紹介します。

【おすすめの日系コンサルティング会社】
  • アビームコンサルティング
  • 野村総合研究所(NRI)
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)
  • ベイカレントコンサルティング
  • ドリームインキュベータ
  • 日立コンサルティング
  • クニエ
  • NTTデータ経営研究所
  • 株式会社経営共創基盤(IGPI)
  • ユニヴィスグループ

アビームコンサルティング

アビームコンサルティングは、地域や企業の特性を活かすコンサルティングを行う、日本発・アジア発のグローバルコンサルティング会社です。

日系でありながらも、合計約7,500名のコンサルタントによる総合力を特徴としています。

総合力によって、幅広い業界・領域でのサポートが可能です。

野村総合研究所(NRI)

野村総合研究所(NRI)は、「活力ある未来社会の共創」を目標に掲げ、DX推進や新たなプラットフォームの展開などに取り組んでいます。

証券・金融業界の持続的発展に向けた取り組みや物流の革新などを行い、マネジメントコンサルティングからシステムコンサルティング、金融・産業ITソリューションなど多岐に渡るサポートを手掛ける企業です。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)は、シンクタンク事業、 コンサルティング事業を中心とし、先端領域を含むさまざまな課題解決に取り組む企業です。

高いスキルを持ったプロフェッショナルなコンサルタントが多数在籍し、日本だけでなく世界における課題の解決を行っています。

ベイカレントコンサルティング

ベイカレントコンサルティングは、小売や金融分野、石油や物流、さらにはメタバースといった先端領域に至るまで、あらゆる分野のコンサルティング経験がある企業です。

サステナビリティを意識した事業を進めており、日本企業における持続的な成長の実現をサポートします。

ドリームインキュベータ

ドリームインキュベータは、さまざまな切り口の「ビジネスプロデュース」によって、大手からベンチャー企業のサポートまで手掛ける企業です。

大手企業に対する戦略コンサルティングや、M&A戦略、財務ソリューション、さらにはグローバルなビジネスプロデュースも行い、事業を創るサポートをしています。

日立コンサルティング

日立コンサルティングは、インフラ技術と高度なITを組み合わせ、さまざまな業界に対するサービスを展開し、ビジネスエコシステムの創出を目指しています。

扱うのは、製造や物流、公共、金融、ヘルスケア、エネルギーなど多岐に渡る業種です。

ソリューション別サービスにおいても、経営・事業戦略から働き方改革、ITマネジメントなどさまざまです。

クニエ

クニエは、日本発のグローバルなコンサルティングファームであり、「変革のパートナー」としてさまざまな業種において企業価値向上をサポートしています。

経営戦略や事業戦略など、企業の根幹にかかわる課題を解決するサービスを展開しています。

加えて、観光誘客や企業再生など、地方創生をテーマとした課題へも取り組んでいるのが特徴です。

NTTデータ経営研究所

NTTデータ経営研究所では、インダストリー分野とファンクション分野それぞれを専門とするコンサルタントが最適なサービスを展開しています。

デジタルイノベーションやIT戦略、先端技術など、IT領域に対する強みを持つのが特徴です。

ほかにも、ヘルスケアや地域マネジメント、環境エネルギーなど、サービスを展開する業界は多岐に渡ります。

株式会社経営共創基盤(IGPI)

株式会社経営共創基盤(IGPI)は、経営に関するコンサルティングで、本気の経営革新を実現させるサービスを展開する企業です。

企業規模・業界・エリア(国内外)を問わず、状況に応じたあらゆる手段を用いて企業の変革を実現します。

ユニヴィスグループ

ユニヴィスグループにはM&A・経営コンサルタントや弁護士、公認会計士や税理士が在籍しており、それぞれのプロフェッショナルが連携してワンストップで解決に導きます。

会計コンサルティングやM&Aコンサルティング、税務などの課題などへの対応が可能です。

また、サービスは税務やファイナンスに留まらず、ビジネスモデルの構築などの創造的なアプローチも行っています。

日系コンサルティング会社のメリット・強み

現在、日系コンサルタントは数多く存在し、多くの企業が日系ならではのメリットを活かして事業展開を進めています。

ここから、日系コンサルティング会社のメリットや強みについて見ていきましょう。

【日系コンサルティング会社のメリット・強み】
  • 転職における市場価値が高い
  • ホワイト企業が多い

転職における市場価値が高い

日系コンサルティング会社は、転職における市場価値が高い傾向にあります。

コンサルティング会社の中でも特に、日系コンサルティング会社は人材教育に力を入れている場合がほとんどです。

コンサルタントの教育として学ぶ課題発見・解決力や主体性を持って考える力は、転職の際やほかの企業に勤める際に大いに役立つでしょう。

ホワイト企業が多い

コンサルティング会社は一般的に、労働時間が長い傾向にあります。

しかし、日系コンサルティング会社は働き方改革を導入して比較的就業時間が守られているケースが多くあります。

また、日系コンサルティング会社は人材教育に力を入れている企業が多く、労働時間や人材教育の側面でホワイト企業である場合が多いと言えるでしょう。

日系コンサルティング会社のデメリット

日系コンサルティング会社は、コンサルティング会社の中でも比較的働きやすい風土があります。

しかし、人によっては、日系コンサルティング会社にデメリットを感じ、別の企業への就職・転職を考える人もいます。

次に、日系コンサルティング会社のデメリットについてチェックしてみましょう。

【日系コンサルティング会社のデメリット】
  • 年収が上がりづらい
  • グローバル案件が少ない

年収が上がりづらい

日系コンサルティング会社では、外資系に比べると年収が上がりづらい傾向があると言えます。

実際、外資系では20代のうちから年収1,000万円を超えるケースが少なくありませんが、日系コンサルティング会社の年収は平均して867万円とされています。

ただし、日系コンサルティング会社の給与が上がりづらいというのは、あくまでもコンサルタント業界で比べた場合の話です。

コンサルタントという職業はそもそもほかの業界よりも給与が高い職業であるということを頭に入れておきましょう。

グローバル案件が少ない

日系コンサルティング会社は、外資系と比べるとグローバル案件が少なくなります。

日系コンサルティング会社でも海外案件を取り扱っている企業は多くありますが、大手外資系のコンサルティング会社と比べてしまうとその案件数は雲泥の差です。

初めから「グローバル案件に携わりたい」という気持ちがあるのであれば、外資系のコンサルティング会社を志望するのが良いでしょう。

まとめ

日系コンサルティング会社は、記事で紹介した以外にも数多く存在します。

それぞれの企業がそれぞれ独自のサービスを行っているため、日系コンサルティング会社に興味がある人は、気になるサービスを展開している企業を探してみましょう。

また、日系と外資系では企業の風土や理念に大きな違いがあります。

自分がコンサルタントとして働きやすい環境を見つけてみてください。

MICHINORI」では、フリーランスコンサルタントへの案件紹介や継続サポートを行っています。

"良い縁"の場をつくるマッチングサービスとして、ミスマッチのない案件紹介を実現しています。

フリーランスコンサルタントが長く働けるための継続サポートも行っているため、フリーランスコンサルタントとして独立を考えている人は、ぜひ「MICHINORI」で案件検索してみてください。

関連記事

コンサルティング業界は激務?向いている人や年収を紹介!

関連記事

SAPコンサルタントの仕事内容とは?その年収やおすすめ企業も紹介

関連記事

コンサルタントが半年や1年で辞めたいと思う理由とその対策とは?