マーケティングコンサルタントとは?仕事内容から年収までを紹介!

「マーケティングコンサルタントの仕事内容とは?」

「マーケティングコンサルタントの年収はどれくらい?」

という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • マーケティングコンサルタントの仕事内容
  • マーケティングコンサルタントの平均年収レンジ
  • マーケティングコンサルタントの将来性

の順番に解説していきます。

マーケティングコンサルタントの仕事に興味がある人に役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

マーケティングコンサルタントについて

マーケティングコンサルタントとは、どのような職種なのでしょうか?

ここでは、マーケティングコンサルタントの基礎知識を紹介します。

マーケティングコンサルタントとは?

マーケティングコンサルタントとは、クライアントが抱えるマーケティング課題を専門家として支援する職種のことです。

商品開発から広告、ブランディングなどに関する知識やノウハウを活かしながら、客観的な立場からアドバイスを行います。

市場のリサーチや戦略立案だけでなく、マーケティング施策の実施や仮説検証などのマーケティングプロセス全体のサポートを行うため、マーケティングに疎い企業にとっては心強い存在なのです。

ここまでマーケティングコンサルタントの概要を紹介しましたが、より理解を深めるために以下でマーケティングとコンサルティングについて確認しておきましょう。

マーケティングとコンサルティングそれぞれの業務について

マーケティングとは、商品やサービスが売れる仕組みを作るプロセスのことです。

企業が持続的に成長していくためには、マーケティングは欠かせません。

商品やサービスを販売するだけでなく、顧客との関係づくりや市場分析などもマーケティングのプロセスに含まれます。

コンサルティングとは、相談を受けた企業の課題を洗い出し、改善のための助言や指導を行うことです。

コンサルタントは、これらのコンサルティング業務を担う職種を意味します。

コンサルティングと一概に言っても、戦略やIT、人事、財務など、コンサルティングの分野はさまざまです。

マーケティングコンサルタントもこれらの種類のひとつで、上記で説明したマーケティングに関する課題改善をサポートします。

マーケティングコンサルタントの仕事内容

ここでは、マーケティングコンサルタントの仕事内容を詳しく紹介します。

売上・成果の向上

売上や成果を向上させることは、マーケティングコンサルタントにとって重要な仕事のひとつです。

企業は、「売上アップが目的でマーケティングコンサルタントに依頼している」と言っても過言ではありません。

市場調査を行って課題を洗い出して、クライアントの経営方針に沿うように商品・サービスの開発や戦略立案を行っていきます。

このように、マーケティングコンサルタントがビジネスの仕組みづくりをサポートすることで、ブランディングが強化されるため、市場競争において優位になったり、リピーター顧客を獲得したりできるのです。

集客力・営業力の向上

マーケティングコンサルタントは、集客力や営業力を向上させる役割を担います。

集客においては、売り出す商品・サービスやターゲット層を踏まえた上で、主に広告やSNS、オウンドメディアなどを活用して認知拡大につなげます。

集客の対象には新規顧客だけでなく、既に商品・サービスを利用している層も含まれるため、ロイヤリティを向上させるためにユーザーにとって有益な情報を発信するのです。

営業に関しては、マーケティングコンサルタントが市場分析等で得た情報を営業部門に共有したり、共通のKPIを設定したりして、営業力の向上を目指します。

顧客満足度の向上

顧客満足度を向上させることも、マーケティングコンサルタントに期待される仕事です。

顧客満足度が向上することで、企業やブランドの評判が良くなるだけでなく、顧客のファン化・リピート顧客化を促進できます。

新規顧客を獲得することは、既存顧客のリピートを促すよりも難しいと言われており、顧客満足度を向上させることが重要なのです。

具体的には、ヒアリングやアンケートを通じて顧客満足度の現状を把握したり、施策の効果を振り返りながら次の戦略を立てたりします。

マーケティングコンサルタントの平均年収レンジ

マーケティングコンサルタントの平均年収レンジは500〜1,000万円です。

マーケティングコンサルタントとしての働き方は多種多様であるため、このように年収のレンジが幅広くなっています。

例えば、コンサルティング会社の社員として働いたり、フリーランスとして独立したりするパターンがあります。

特に、実績やスキルがあるマーケティングコンサルタントは、フリーランスとして独立してもクライアントからの信頼を得られるため、会社に報酬の一部を取られることがなく、高い年収を得やすいです。

そのため、マーケティングコンサルタントとして高収入を目指すには、実力を身につける必要があると言えるでしょう。

マーケティングコンサルタントに役立つスキル

それでは、マーケティングコンサルタントを目指すには、どのようなスキルを身につければ良いのでしょうか?

論理的思考力

マーケティングコンサルタントとして活躍するには、論理的思考力を養うことをおすすめします。

論理的思考力とは、物事を体系的に捉え、筋道を立てて考えるスキルのことです。

例えば、この論理的思考力があれば、市場の変化や競合の状況などを客観的に把握し、売上を向上させるにはどうすればいいか、データに基づいて考案できます。

さらに、ペルソナ設定やカスタマージャーニーなどについても、顧客の視点に立って検証する必要があり、物事を体系的に捉えるスキルの論理的思考力は役に立ちます。

仮説検証力

マーケティングコンサルタントに必要なスキルとして、仮説検証力が挙げられるでしょう。

仮説検証力とは、ある物事に対して仮説を立てて、ポイントごとに検証していくスキルのことです。

例えば、商品の売上が低下した時、「消費者のニーズが変化した可能性がある」と仮説を立てて、その仮説に基づいて検証していきます。

この仮説検証力があれば、課題をスピーディーに解決したり、分析の精度を高めたりできるため、マーケティングコンサルタントとしての実力も高まるのです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力もマーケティングコンサルタントに役立つスキルのひとつでしょう。

コミュニケーション能力は、相手とのやり取りをスムーズかつ適切に行うスキルを意味します。

マーケティングコンサルタントはクライアントをはじめ、さまざまな人と関わる職種です。

コミュニケーション能力が不足していると、クライアントのニーズを正しく汲み取ったり、提案をわかりやすく伝えたりすることができません。

マーケティングコンサルタントを目指したい方は、話す順番を意識したり、言いたいことを要約する練習をしたりなど、コミュニケーション能力を鍛えると良いでしょう。

マーケティングコンサルタントの将来性

「マーケティングコンサルタントの将来性はどうなの?」と疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

結論から述べると、マーケティングコンサルタントの将来性は高いと言えます。

近年はインターネットの普及もあり、消費者のニーズが著しく変化しています。

そのようなインターネット社会でマーケティングによる成果を上げるためには、マーケティングの経験やノウハウが求められます。

従って、転職市場においても人材価値が高いだけでなく、フリーランスや起業する場合で も、マーケティングコンサルタントとしてのスキルを発揮しやすいと言えます。

まとめ

今回の記事では、マーケティングコンサルタントの基礎知識や仕事内容、平均年収レンジ、マーケティングコンサルタントに役立つスキル、将来性について解説しました。

マーケティングは企業が長期的に成長していくために欠かせないものなので、マーケティングコンサルタントへのニーズは高いです。

スキルや経験を活かしてフリーランスとして独立すれば、自由な働き方を実現できるかもしれません。

MICHINORI」では、フリーランスのコンサルタントに向けて、案件紹介を実施しているだけでなく、現役コンサルティングファームとしての経験を活かして継続的なサポートを提供しています。

同サービスは、「"良い縁"の場をつくるマッチングサービス」として評価を集めており、運営メンバーには現役コンサルタントやフリーランス経験ありのメンバーが含まれています。

マーケティングコンサルタントに関する悩みがある方は、アドバイスを受けることも可能なので、興味のある方は無料会員登録からお問い合わせください。

関連記事

女性がコンサルタントになることは難しい?メリットや年収も解説

関連記事

SAPコンサルタントはつまらない?オワコン?そう言われる理由や将来性を解説

関連記事

常駐型コンサルタントはつまらない?働き方のメリット・デメリットも紹介